Standard PHP Library(SPL) SplFileObjectクラス編

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Standard PHP Library(SPL) SplFileObjectクラス編」を公開しました。
Directoryが出てきたら次はfileでしょ、ということで、SplFileObjectクラスのお話を少ししていきたいと思います。
SplFileObjectクラスのインスタンスは以下のように作成が可能です、ってところをまず押さえておきましょう。

$file_obj = new SplFileObject(ファイル名(文字列));

では、例えば「1行づつデータを取得していく」ようなプログラムを、
SplFileObjectクラスを使って書いてみましょう。

$file_obj = new SplFileObject(ファイル名);
$awk = [];
//$awk = array(); //

古いバージョンのPHPの場合はこちらで
while(false === $file_obj->eof()) {
$awk[] = $file_obj->fgets();
}
var_dump($awk);

これだけだと「file関数でいいじゃん」となるのですが、調査用サンプルなのでそのあたりはお目こぼしのほどを。
さて…このコードですが。
ぶっちゃた所、以下とあんまり変わりがなさそうに見えます。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/505/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]