AITCLEEASの法則 主婦がスーパーで買う場合の購買行動

主婦がスーパーで買う場合の購買プロセスモデル AITCLEEASの法則
よろしければこちらもご覧ください

あなたは気になりませんか?主婦がスーパーで商品を購入する時、
「興味を持ったにもかかわらず諦めてしまう理由を・・・」
「なぜ迷い、躊躇するのか?」
これがわかれば対策が取りやすくなり、購買に至りやすくなるのでは?

主婦がスーパーで買う場合の購買プロセスモデル AITCLEEASの法則 (立花屋キカく 井上博喜)提唱

Attention  (注目)から始まり(食材)

Interest (興味)をもち(安さ・お得さ)

Think (これを利用して何ができるか)考える

Connection (関連したものを集め)する

Look (他に必要な物がないか)見て回る

Examination (資金面で検討)する

Examination (交通手段で検討)する

Action (購買)して、良い悪いの

Sympathy (家族からの共感を)得る

AITCLEEASの法則 解説

Think (これを利用して何ができるか)考える   
献立の事です


Connection (関連したものを集め)する  
 カレーに決めたら、ルーや野菜、肉をチョイスします


Look (他に必要な物がないか)見て回る  
献立以外に必要な物がないかをみます。特に必要がなくても、ストックが少なければ、特売または安ければ購入するはずです


Examination (資金面で検討)する 
 ストックがなくても給料前であれば、次回にする場合もあります


Examination (交通手段で検討)する 
今日の移動はバスであれば重いものはやめるとか、交通手段によります

従って、価格安!だけをしていけば、客が増えるのでは?というのは幻想だといえます。
もちろん、すべての人間にこれが当てはまるという事ではありません。車で買いに来る人もいますからね。

スーパー側からすれば、データマイングをして、あなたのショップのお客様のエリア、購入金額、導線他多数、それを調べて仕掛ける必要があります。

これが直営のショップであれば、AITCLEEASを知ることで、その迷いが何なのかがわかり、それによって

「商品に意味を持たせるのか?」

「パッケージに意味を持たせるのか?」

等の対策が取れる・・・

商品を購入するときは、「注目」を持って「購買」に至るという過程の中で、一定の迷いが生じ、そこをうまく納得させるだけの何かを持たせることで、迷いを払しょくし購買に至りやすくなるでしょう。

営業のクロージングは、顧客の迷いを払しょくさせられる言葉ですが、これは商品でのクロージングとでもいえるでしょうね

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]