よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

FerretPLUSが先週リニューアルされました。

http://ferret-plus.com/

有料版にはまだ手が出せていませんが、フリー版をちょっと使ってみたのでレポートしてみたいと思います。

ざっと機能を羅列すると、下記のような機能があるようです。

①ニーズを見つける
 ・月間検索数(データ元は企業秘密?→おそらくYahoo!ではないか?)
 ・トレンド(検索上位のサイトを表示、更にそのサイトも分析出来る)
 ・関連語検索

②サイトを分析する(内部SEO)
 ・サムネイル画像
 ・サイトタイトル
 ・URL
 ・ページランク
 ・Alexaランキング
※・来訪予測キーワード(サイト内だけからの情報ではないらしい。)
 ・メタキーワード
 ・メタディスクリプション
 ・キーワード出現率
 ・ドメイン取得年月日
 ・被リンク数
 ・Yahoo!カテゴリ登録
 ・Jリスティング登録
 ・ソーシャルブックマーク

③商品・サービスを見つける(アフィリエイト横断検索)
 ・トラフィックゲート
 ・A8
 ・JANET

④サイトを作成する
 ・文章リライトツール
 (効果的なキャッチコピーや文章表現の作成をサポートしてくれる。)

⑤サイトを告知する
 ・対面型SEO
 ・オンライン型SEO
 ・おすすめSEO業者比較

⑥効果測定をする
 ・順位チェックツール(α版→ASP提供したら検索エンジンに睨まれてしまいますよ。)
 ・アクセス解析ツール(現在開発中)

⑦その他便利ツール
 ・一括ログインツール(最大20件、同一サイトへの複数ID・PWの設定は不可。)
  ○ トラフィックゲート
  ○ ジャネット
  ○ A8
  ○ Amazon
  ○ Google
  ○ Amebaブログ
  ○ FC2
  ○ gree
  ○ livedoor
  ○ もしもドロップシッピング
  ○ ココログ
  ○ まぐまぐメルマガ
  ○ Combz Mail

(⑧教育・操作マニュアル)
 ・インタビュー特集
 ・使い方
 ・よくある質問集

個々のサービスは、現在も色々なツールがリリースされているので、それらを駆使すればデータを取得することが可能ですが、一元管理出来るという点が優れていると思いました。

また、「来訪予測キーワード」などは、単純にサイト内のワードからの抽出ではないようなので、気になるツールではあります。説明を読んでみると、どうやら「共起率」とも違うみたいですし。

一つ残念なのは、有料版が検索一回(クエリ)に対してポイントを消費するという、少々理解し辛い制度であるということですね。しかもそのポイント取得方法の最低金額は2,000円程度で、一月使いきりというところもネガティブに感じました。

それでも、日々改善されていくでしょうし、可能性を秘めたツールだと思います。

===================================
SEO対策レポートhttp://seo.anabebe.com/
===================================

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]