Yahoo!だって不正SEOを取り締まっているんだ

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

検索エンジンの近況

ここ最近、Goolgeの不正SEO(検索エンジン最適化)についてのニュースが、ネット上を賑わせています。僕も感動したニュースなのですが、たとえ身内の行った不正だったとしても、掲げたスローガンの下、通常と同様に対応したというものです。ちょっと内容を記載すると、「リンクを張ってくれたら、報酬をお支払いします。」というリンクの取得を行ってしまったのです。Googleはこれを「有料リンク」とし、ガイドライン上でNGだと言う事を明確に記述してあります。

この影響を受けてなのでしょうが、数ある「有料リンクサービス」を運用しているサイト上から、「有料リンク枠」がなくなっているのがいくつも目撃されています。

正直申し上げて、こういったサービスを利用する事で、「検索エンジンランキング上位」を取得してきた企業・個人には、言葉が悪くて恐縮ですが「ざまあみろ!」と言ってやりたいです。真剣にSEM(検索エンジンマーケティング)に取り組んでいる企業・個人に失礼です。このGoolgeのアクションによって、検索エンジンランキングの正常化が進めば、検索エンジンユーザーとしてもグッドニュースだと思いますし、「ドンドンやって!」というのが今の気持ちです。

Yahoo!の不正SEOに対する進化

さて、こういった情勢を踏まえていよいよ本題なのですが、GoogleだけではなくYahoo!も不正SEOの取り締まりを進めているようです。

同じ検索エンジンという事もあり、事あるごとにGoogleと比較されていますが、誰が見てもあらゆる面でGoogleに軍配が上がってしまいます。それでも何も進化をしていないというわけではありません。

今回はこの「リンク」というところに的を絞って話しをしたいと思うのですが、以前Yahoo!は、「リンク元」(リンクを張ってくれるサイト)の評価はほとんどと言ってよいほど「ザル」という状態でした。

近年では、相互リンクサイトやリンクファームを感じるようなサイトからのリンクは、評価をしないようなかたちになっています。と言いますか、「相互リンク」らしきサイト自体の評価を下げているようなイメージを受けます。まるで、「相互リンク」といったものに対する拒絶感が感じられるような。

先にも述べたように、こういった不正SEOの取り締まりが厳しくなる事は、誰しもがハッピーになるのでウェルカムなはずです。不正SEOを提供している企業・個人を除いては!

===================================
SEO対策レポートhttp://seo.anabebe.com/
===================================

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]