Overture広告の背景色変更から読み取るYahoo!事情

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

まずはじめに

12月2日にOverture広告の背景色が「黄色から白」になりました。おそらく「広告」と「自然検索結果」とを同位にクリックさせたい為の施策でしょう。年末に入ってYahoo!の「収益至上主義」は凄まじいほど露骨です。あまりにも露骨的過ぎて、清々しいくらいですw

この施策をとらざるを得ないほど「経営が危うい」のか?
はたまた交代した検索事業部長「志立氏の意向」なのか?

その真意は未だつかめぬままですが、ここにきてある変化がありました。「SEMアドバイザーのSEO対策ブログ」さんに、「ヤフーのスポンサーサイト背景色変更はABテスト中か?」という記事がありました。ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、Yahoo!で検索を行うと、Overtureの背景色は先日変更のあった「白」で表示がなされます。大概はこの「白表示」なのですが、たまに以前の「黄色表示」になる時があるのです。

インデックスアップデート然り、同期のとれていないサーバーに接続した際に、以前のバージョンの広告表示がなされるのかな?と検証していると、リクエスト単位で新旧が入れ替わったりもするのです。

と言う事は「リクエスト単位」で、テストしているのではないか?といったような仮説を立ててみたのですが、冷静に考えて「Overture」のサーバーも複数あるわけで、そちらの状況によって表示が変わるという可能性もあるんですよね。

ただ、ページのデザイン・レイアウトはYahoo!のCSSで行われているわけだから、やっぱりYahoo!による変更なのではないでしょうか?

CSSソースを見てみると

Overture広告の背景色は、Yahoo!CSS「yschspns」によって設定され、以下のように記述されています。

白色:background:#FFFFFF
黄色:background:#FFF9DD

「どうしてこの様な事を行うのか?」を考えてみたいと思います。

  • 単純に、批判が多かったw
  • 広告のクリック率が下がった。(目立たなくなった為)
  • CPCが一時的に上がってしまい、出稿控えがおきた。

おそらくこのいずれか、もしくは併用でしょう。
前述したように最近のYahoo!の「利益至上主義」からすれば、「単純に、批判が多かった」では、変更は行わないはずなので、必然的にクリック率が低下した為か、出稿控えが起きたものと考えます。

ただ、マーケッター視点だと、背景色を白に変更することでOvertureのスペックは上がると考え、出稿を増やすと思うのです。その結果、「やってはみたんだけれど、予想よりクリックされていない!むしろ、悪くなっているのではないか?」というような展開ではないかと・・・。

マクドナルド、H&Mなどに見られる、「あえて隠す戦略(ティザー戦略)」の様にはいかないのではないでしょうか?

=====================================================================
SEO対策レポートhttp://seo.anabebe.com/
=====================================================================

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グローバルナビゲーション
サイト全体で共通して表示されるナビゲーション。 多くの場合、第1階層(大カ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]