AIが検出、Z世代に対して上司は1分に1回「詰問調」になっている【コグニティ調べ】

Z世代は他世代と比較して慎重? トーク中の「えー・えっと」は他世代の47.8%しか出ない。

会話の間を埋めるだけの音声、Z世代では少なめ

コグニティ株式会社は、各社内外での世代間コミュニケーションの差をAIによって検定した結果をまとめた「Z世代のコミュニケーション特性 2024」を発表した。

まず二者択一/三者択一など選択肢の少ない「CLOSED質問」について、Z世代に対して上司は、1on1の状況で増やしてしまう傾向が見られた。Y世代19.1回に対して、Z世代には27.3回と43%増だったという。Z世代の1on1の時間が平均26.5分であることを考えると、この数値は約1分に1回はCLOSED質問をしており、Z世代向けの1on1が上手くいっていないと推察される。会話量についても、全体の半分を下回るのはZ世代のみだった。

売り手としてのセールストークの特徴を見ても、Z世代の営業トークは、圧倒的にCLOSED質問が多く、会話が成立していない。

営業トークでは、「えー・えっと」といった、会話の間を埋めるだけの音声は、「フィラー」と呼ばれ避けられている。1トークに出るフィラーの数を見ると、Z世代の営業トークは、フィラーの数がその他世代の半数だった。慎重に会話しているとも思えるが、この調査ではそもそも発言量が少ない・発言のスピードが遅いといった指摘がされている。

調査概要

  • 【調査対象】「対象者の年齢」がわかっている7社・計435トーク
  • 【調査方法】CogStructureを使った「COG-VIEW」分析
  • 【調査時期】2022年8月16日~2023年12月11日までに録音されたデータ
  • 【調査シーン】対象者と上司との1on1:n=155、対象者自身のセールストーク(ロールプレイング+実商談):n=280
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フォーカスグループ
マーケティング調査手法の1つ。 市場セグメントを代表する人を会議室などに複 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]