消費者庁が消費者向けに最新情報を盛り込んだ「AI利活用ハンドブック~生成AI編~」公表

「チェックポイント」で気を付ける点を明示、画像生成サービスやチャットボットの注意点も

消費者庁は、一般消費者向けに最新のAI(人工知能)情報を盛り込んだ「AI利活用ハンドブック~生成AI編~」を5月16日に公表した。同庁は2020年7月に「AI利活用ハンドブック~AIをかしこく使いこなすために~」を発行しているが、急速に進化する生成AIに関する内容を含まないため、生成AI編を作った。

生成AIハンドブック

生成AI編は「生成AIとは」「社会に貢献する生成AI」「チェックポイント」「事例①画像生成サービス」「事例②チャットボット」「消費者トラブルにあったら」--で構成する。チェックポイントでは「利用する前に」で2項目、「利用するときに」で5項目ついて気を付ける点を示し、注意を促している。

事例①画像生成サービス、事例②チャットボットでは、それぞれの仕組みの説明に加え、使うときの注意点を明記した。生成AI編は全体的に平易で分かりやすくコンパクトにまとまっている。2020年7月発行のAIをかしこく使いこなすためには、要点を抽出したパンフレット版と、詳細を記載した全体版がある。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]