はてながアプリ専用マンガビューワを集英社の「少年ジャンプ+」アプリに提供開始

2700万ダウンロードのアプリに採用、広告運用や販売、ストア機能でマネタイズを支援

コンテンツプラットフォーム事業のはてなは、集英社が提供するマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」にマンガビューワ「GigaViewer for Apps」の提供を始めた、と3月29日に発表した。ブラウザ版に「GigaViewer for Web」を2017年から提供してきたが、ダウンロード数2700万超のアプリ版(iOS版/Android版)でもビューワが採用された。

「少年ジャンプ+」

GigaViewerはユーザーが快適にマンガ作品を楽しむ各種機能と、マンガサービス提供者の運用コストを削減する入稿や作品管理、販売システムを備える。導入事例は少年ジャンプ+アプリ版で16社23例目(3月時点)、集英社で3例目。はてなは17年のビューワの提供に加えて広告運用と販売支援、ストア機能によるマネタイズ支援に取り組んできた。

少年ジャンプ+アプリ版でも集英社のサービス開発・運営・マネタイズを引き続き支援していく。少年ジャンプ+は、集英社の少年ジャンプ+編集部が運営するマンガサービスで、ブラウザ版とアプリ版で展開。「SPY×FAMILY」「怪獣8号」「チェンソーマン」「ダンダダン」など70作品以上のオリジナル作品を初回全話無料で楽しめる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]