新入社員の約8割が「対面での指導」を希望。最も役立った研修内容は?【スタディスト調べ】

先輩が忙しそうな時、実務での疑問解消に役立つのは「わかりやすい業務マニュアル」。

スタディストは、2022年の新入社員を対象に「育成」に関する調査を行った。18~27歳の男女1,089名が回答している。

新入社員の約8割が「対面での指導や育成を希望」

育成や指導を受けるときに希望するコミュニケーション手段

まず、育成や指導を受ける際に希望するコミュニケーション手段について聞くと、「対面(オフラインで直接)」が76.9%と最も多く、2位以下の「オンラインMTG」「SlackやTeamsなどのチャット」とは50ポイント以上の差がついた。

「対面での育成・指導」を希望する理由
  • 互いに手元を見ながら作業でき、口調等から絶妙なニュアンスが伝わりやすい(銀行・信用金庫)
  • 実際やってみて、身ぶり手ぶりで分からないところを伝えることができるから(医療・福祉)
  • 顔を見てのコミュニケーションが一番感情が伝わるから安心(製造業)
シーンごとに希望するコミュニケーション手段

また、シーンごとに希望するコミュニケーション手段を聞くと、対面を希望するシーンで最も多かったのは「ポジティブなフィードバック」「トラブル発生時」だった。「ネガティブなフィードバック」は「ポジティブなフィードバック」に比べると、対面希望が12ポイント低い結果となった。

研修で教わってよかったのは「社内ルール」「ビジネスマナー」

入社から1年以内に勤め先の企業で受けたことのある研修

入社から1年以内に受けた研修について聞くと、「対面の集合研修」が47.5%と最も多く、以下「オンライン研修(リアルタイム参加)」「OJT(1対1の研修)」と続いた。

研修の内容で、教わってよかったもの

また、研修で教わってよかったものを聞くと、「社内ルールの理解」「基本的なビジネスマナー」「実際の業務の進め方」が上位3回答となった。

受けた研修が実務の役に立ったか

受けた研修が実務の役に立ったかという質問では、合計で70.1%の人が「そう思う」と答えた。

実務での疑問解消に役立つのは「わかりやすい業務マニュアル」

業務上の疑問を解消する際に困ったこと

業務上の疑問を解消する際に困ったこととしては、「先輩が忙しくて、声がかけづらい」が最も多く、ついで「教える人によって言っていることが違う」「マニュアルがない/ある場所がわからない」と続いた。

業務上の疑問を解消する際に役立ったこと

相談先に関する悩みを感じている人に対し、業務上の疑問解消に役立ったものを聞くと、「わかりやすい業務マニュアル」が1位となった。

業務マニュアルは実務の習得に役立つか

業務マニュアルは実務の習得に役立つかという質問では、合計で60.1%の人が「そう思う」と回答した。

調査概要

  • 【調査手法】インターネット調査(外部調査機関)
  • 【調査対象】47都道府県在住かつ、2022年に現在勤め先の企業へ入社した男女(新卒入社/中途入社含む)
  • 【調査時期】2023年2月10日~2月13日
  • 【有効回収数】1,089サンプル(新卒入社=588、中途入社=501)
    ※2月24日~27日に同対象者へ「シーン別に希望するコミュニケーション手段」について追加調査を実施/追加調査サンプル数:783
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]