LINEヘルスケアがオンライン診断の「LINEドクター」で花粉症「重症度チェッカー」提供

8つの質問に答えて花粉症のタイプや重症度をチェック、そのまま診断予約や受診、決済も

LINEと、医療情報大手のエムスリーの共同出資会社のLINEヘルスケアは、花粉症の「重症度チェッカー」を2月9日から提供を始めた、と同日発表した。オンライン診療サービスの「LINEドクター」で、1日あたりのくしゃみや鼻をかむ回数、睡眠の質など8つの質問に答えると、花粉症のタイプや重症度の判定が無料でチェックできる。

「重症度チェッカー」イメージ

LINEドクターは、自宅にいながら診察の予約からビデオ通話での診療、決済までLINE上で完結できるサービス。花粉症治療では、チェッカーで分かった症状の重症度に応じて耳鼻咽喉科や内科、アレルギー科などLINEドクターで対応可能なクリニックを検索でき、そのまま診療の予約・受診・決済まで通信アプリの「LINE」上で行うことができる。

「重症度チェッカー」イメージ

利用は、LINEの検索窓に「LINEヘルスケア」と入力して公式アカウント「LINEヘルスケア」と友だちになり、メニュー画面上の「ビデオ通話でオンライン診療」をクリックして、「LINEドクター」トップページで受診を希望する医療機関を検索し、希望日と診療科を選択。決済方法の指定や保険証の登録後、当日にビデオ通話で診療する。

LINEドクター利用方法
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]