KYCCが「Salesforce」上の顧客情報のコンプライアンスチェックが容易に可能なサービス開始

行政の指導や関連法制の厳格な運用・整備が背景、マーケットプレイス「AppExchange」で提供

企業向けリスクデータベース事業などを手掛けるKYCコンサルティング(KYCC)は、CRM(顧客管理)ソリューション事業のセールスフォース・ドットコムが展開するCRM「Salesforce」上に登録された個人・法人の顧客情報のコンプライアンス(法令遵守)チェックが容易に可能なサービスを始める、と11月9日発表した。行政の指導や関連法制の厳格な運用・整備が背景。

このチェックサービスは、セールスフォースが展開するビジネスアプリケーションマーケットプレイス「AppExchange」で提供する。任意のオブジェクトに対しての随時チェック▽リード・個人・取引先・取引先責任者の一括チェック▽自動定期チェック▽自動モニタリングチェック▽自動チェックの除外設定▽取引先の代表者情報設定--などの機能を装備する。

KYCCのリスクデータベース・検索エンジン「Risk Analyze」とも連動する。Risk Analyzeは、本人確認での属性チェック、マネーロンダリング対策、公的要人、テロ資金供与対策、汚職・腐敗などがチェック可能。コンプライアンスチェックサービスは11月中旬の提供開始を予定する。Salesforce利用企業は、AppExchangeから自社のSalesforceに機能が追加できる。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]