Movable Type 7をいち早く体験できるデベロッパープレビュー提供開始。本リリースは2018年4月予定

シックス・アパートは、Movable Type 7の機能をいち早く体験できるディベロッパープレビューを提供した。
よろしければこちらもご覧ください

CMSツールを提供するシックス・アパートは、CMSプラットフォームMovable Type 7を2018年4月にリリースすると発表し、Movable Type 7の機能をいち早く体験できる(デベロッパープレビュー)を公開した。

Movable Type 7では、「コンテンツタイプ」という新しい機能を搭載し、より運用しやすいコンテンツ管理を実現するという。

新しいMovable Type 7では何ができる?

Movable Type 7では、具体的には次のようなことが可能となる。

コンテンツタイプという新機能を搭載することにより、アーカイブマッピングの柔軟性や多様性は従来のままで、より自由にコンテンツをデザインして管理できる。もちろんMTタグも利用できる。

たとえば、次のようなイベント情報ページでは、開催日・会場・説明文・講師情報などの要素が必要になる。

いままでは、必要な情報をすべて「本文」に入れる必要があった。

Movable Type 6と7の機能を比較した図

つまり、講師情報というコンテンツタイプを一度作成してしまえば、別のイベントページでもこの講師情報を再利用できるわけだ。

できることをまとめると次の通り。

  • さまざまな情報をすべて本文に入れる必要がなくなる
  • 「エントリー」「ページ」以外の名称をつけられる
  • タイトルを必須としないコンテンツが作れる
  • プラグインやアドオンなしでコンテンツタイプが作れる
  • 特定のメディアアセットの参照ができる
  • 使い回しができるコンテンツの管理がしやすくなる

コンテンツタイプの導入で、マルチデバイスの対応や他メディアへのシンジケーション、Data APIを利用してアプリやサイネージへの配信などが可能となる。

開発中の管理画面

本発表に際し同社は、200人規模のカンファレンス MTDDCを開催。キーノートに登壇した同社取締役 CTOの平田大治氏は、Movable Type 7開発にかける意気込みを次のように語った。

シックス・アパート取締役 CTO 平田大治氏

2016年に会社がスリムになったことがきっかけで、出社しないテレワークという働き方「SAWS」を導入しました。このことにより開発スピードが増しました。

皆さまの期待に応えられるように、より安全で使いやすいMovable Type 7の開発を進めていきたいと思います。

Movable Type 7は2018年4月にソフトウェア版とクラウド版を同時リリース予定で、それに先立ち1月にベータ版をリリースするという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]