LINEの「LINE Ads Platform」が「LINEマンガ」上での広告配信を開始、動画広告にも対応

LINE Ads Platformにおいて、ブランド広告企業のマーケティング広告活動の最大化が目的

スマートフォン向け無料通話・無料メールアプリのLINEは、同社のアプリ「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」が「LINEマンガ」上での広告配信を開始した、と10月10日発表した。LINEマンガ上での広告配信は、LINE Ads Platformにおいて、ブランド広告企業のマーケティング広告活動を最大化する目的で開始した。

LINEマンガは、スマートフォン向け電子コミックサービスで、スマホマンガアプリダウンロード数ランキング、週間利用者数ランキングで1位など、国内最大のサービスとなっている。若年層だけでなく、幅広い層で利用されているため、LINEマンガへの広告出稿により、より多くのターゲットにリーチ可能となった。また、動画広告の配信にも対応しているため、より訴求力のある広告展開が可能だという。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

O2O
O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現される ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]