フェイスブック・LINEなど6社が中心に「青少年ネット利用環境整備協議会」を発足

コミュニティサイトに起因する児童の被害防止や安全に利用できるネット環境向上へ
よろしければこちらもご覧ください

コミュニティサイト・アプリ運営などを行うフェイスブックジャパン、LINE、グリー、サイバーエージェント、ディー・エヌ・エー、ミクシィの6社を中心にするインターネット事業者は、「青少年ネット利用環境整備協議会」を7月26日に発足させた、と同日発表した。コミュニティサイトに起因する児童の被害防止や、児童が安心で安全に利用できるインターネット環境の向上を目的にする。この6社が幹事社となり、ほかに9社が参加した。有識者や警察庁が協力する。

青少年ネット利用環境整備協議会は、児童の被害防止に有効な対策を講じるために必要な体制・設備に関するノウハウや成功事例、サービスに応じた対策の整備、新たな技術を活用した取り組みなどの情報を共有・検討し、被害防止とインターネット利用環境の向上についての調査研究を行う。児童や保護者、学校へのインターネットやスマートフォン利用の教育や啓発活動を実施するとともに、児童被害防止に広く役立つと思われる事柄に関する勉強会の開催を予定する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

専用線
ネットワーク接続の(契約)方式。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]