運用型広告レポート「glu」とダッシュボード「DataDeck」が連携、チャネルを横断してROIを可視化

gluのデータ収集機能とDataDeckの操作性を組み合わせ、社内外の関係者が必要なデータに簡単にアクセス可能
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング支援のアタラは、同社が提供する運用型広告レポート作成支援サービス「glu(グルー)」と、Ptmindが提供するKPIダッシュボードサービス「DataDeck」の連携を開始したと7月26日に発表した。

gluは、AdWordsやFacebook広告、Criteoなど国内外の運用型広告のデータを集約・一元化してレポートを作成するサービス。ダッシュボードサービスであるDataDeckにgluのデータを取り込むことにより、他システムのデータと運用型広告のデータを集約し、チャネルを横断したROIの可視化と最適化をリアルタイムに行えるようになる。

同社は、DataDeckの使いやすい操作性により、現場担当者や中間管理職、経営層などあらゆる社内外の関係者がそれぞれ運用型広告を含めたデータに簡単にアクセスでき、適切な意思決定と改善アクションの実施を迅速に行うことが可能になるとしている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]