日本のインターネットトラフィックの47%をスマホが占める、世界12カ国でトップ――米アドビ調査

スマートフォンのトラフィックは世界で増加傾向、タブレットは世界的に減少して日本は6%

米国アドビは、モバイルに関する最新調査「Adobe Digital Insights(ADI)」の結果を2月27日発表した。2016年の世界のインターネットトラフィックに占めるスマートフォンの割合を地域ごとに調べたところ、日本が最も高く、日本ではトラフィック全体の47%がスマートフォンだった。

タブレットは世界的に減少傾向にあり、日本は6%だった。調査は米国、日本、インド、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、ドイツ、ノルウェー、スウェーデン、英国を対象にした。

日本のスマートフォンのトラフィックシェアは2014年35%、2015年42%、2016年47%でいずれも最も高かった。2016年は日本に次いで韓国の43%、インドの40%となった。2014~2016年でトラフィックと利用者が最も増えたのはインドで、トラフィック成長率はプラス290%となり、新たに2億6900万人増加した。

2016年のタブレットのトラフィックシェアは英国の13%、ノルウェーの12%など欧州では比較的使われているものの、アジア太平洋や米国は減少。日本は2014、2015、2016年とも6%だった。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]