アイレップ「2016年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース」、検索連動型広告の右側枠の廃止など

SEM業界の10大ニュースは2006年からの恒例で、2016年で11回目の発表

検索エンジンマーケティングのアイレップは、2016年の検索エンジンマーケティング(SEM)業界における10大ニュースを12月12日発表した。選定にあたっては、アイレップSEM総合研究所所長を中心に討議し、「検索各社の自然検索結果右側の広告を廃止」など、影響度の高いものをセレクトした。10大ニュースは2006年からの恒例で11回目の発表となる。

自然検索結果右側の広告廃止以外の検索エンジンマーケティング業界10大ニュースには「Google、モバイルファーストインデックスを発表」「Google、モバイルフレンドリーの強化」「偽ニュース判定について」「医療・健康情報と検索エンジンの課題」「検索広告のフォーマット変更」「来店コンバージョン測定機能の提供」「Google Assistantの販売開始」などを取り上げた。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]