グーグル、「Googleアナリティクス」の「ユニバーサルアナリティクス」正式版を公開

リマーケティングや属性レポートなどGoogleアナリティクスの全機能とツールが利用可能
よろしければこちらもご覧ください

グーグルは、同社の分析ツール「Googleアナリティクス」で、マルチスクリーン、マルチデバイスに対応してさまざまな対象の計測を可能に再設計した「ユニバーサルアナリティクス」の正式版を公開した、と4月3日発表した。2012年10月のβ版提供開始後に利用者から寄せられた要望に応え、サイト訪問者の興味・関心に合わせた広告を表示するリマーケティングや、ユーザー属性レポートなどを含むGoogleアナリティクスの全ての機能とツールを使えるようにした。

今後、各種のプラットフォームでのユーザー行動が分かる「User ID機能」を段階的に提供する。この機能で異なる端末間のユーザーの反応が把握できるクロスデバイスレポートが利用可能になる。正式版は、これまでの太平洋時間でのデータ処理で生じる時差がなくなり、太平洋時間以外の時間帯設定が反映され、リアルタイムのデータが素早く利用できる。企業内ネットワークのサーバーなどから送信されるデバイスやネットワーク情報の上書きも可能になった。

グーグル
http://www.google.co.jp/

Googleアナリティクス
http://www.google.com/intl/ja_ALL/analytics/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]