Google、スマートフォンの利用に関する調査「Our Mobile Planet」2013年版でスマホ普及率は25%

普及率が高い韓国やシンガポールと比較すると、日本は依然従来型携帯電話が主流
よろしければこちらもご覧ください

Googleは、2011年から実施しているスマートフォンの利用に関する大規模調査「Our Mobile Planet」2013年版のデータを7月31日発表した。昨年は26ヵ国だった調査対象国を今年は48ヵ国に広げ、東南アジアや東ヨーロッパなどとの比較も可能になった。第1回の2011年調査では6%だった日本のスマートフォン普及率は2013年には25%に拡大した。調査対象国でもっとも普及率が高い韓国(73%)や、それに次ぐシンガポール(72%)に比べると、日本では依然として従来型の携帯電話が主流となっている。調査は2013年1~2月に、オンラインアンケートで実施。サンプル数はアイルランドが900、エジプト、サウジアラビア、UAE、インドネシア、マレーシアで500、それ以外のすべての国は1000だった。

従来型の携帯電話が主流とはいえ、日本人のスマートフォン利用は活発で、テレビ視聴時の同時利用率は58%と、スマートフォン普及先進国の米国(53%)、シンガポール(42%)、韓国(47%)よりも高く、従来型の携帯電話と同様に「テレビを視聴しながら」の利用が多いことが分かった。ショッピング中のスマートフォン利用も活発で、3人に1人(32%)がショッピング中の商品について品定めするときにスマートフォンを使ったことがある、と答えている。これは他の国の2割台よりも高かった。日本は1人あたり平均11.5個と、世界でもっとも有料アプリのインストール数が多い国であることも分かった。日本に次いで有料アプリインストール数が多かったのは香港の9.8個、次いでオーストラリアが7.5個と上位をアジア太平洋地域の国が占めた。

Google Blog
http://googlejapan.blogspot.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]