ネットイヤーグループ、デジタル事業開発を短期間で支援する「UXデザインパッケージ」発売

新サービスの画面イメージを短期間で入手、事業計画策定や予算申請などの際に有効
よろしければこちらもご覧ください

ネットマーケティング支援のネットイヤーグループは、ソーシャルアプリなどのデジタル事業開発や、Webサイトのリニューアルを行う企業などの責任者を対象に、サービスや画面のイメージ作成、事業開発に必要なアドバイスを短期間で行うサービス「UXデザインパッケージ」の販売を開始する、と7月6日発表した。新サービスの画面イメージを短期間で入手できるため、事業計画の策定や予算申請などを行う際、有効に使うことができる。

UXデザインパッケージの「UX」は「ユーザーエクスペリエンス(顧客体験)」の意味で、同サービスは通常ユーザー調査、クライアントとのディスカッション、コンサルタントなどに数ヶ月を要するユーザーエクスペリエンスデザインの所要期間を大きく短縮した。納品内容は、課題の整理、顧客がサービスを利用したときの感情の状態を視覚的に表現した「UXジャーニーマップ」、ジャーニーマップを踏まえたワイヤーフレーム、既存のワイヤーフレームと主な課題、今後の進め方についてのアドバイス(課題解決法)など。

ネットイヤーグループ
http://www.netyear.net/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラスタリング
複数のものをまとめてひとかたまりにすること。 複数のコンピュータを連動させ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]