米アドビがUXデザインのソリューション「Adobe Experience Design CC」プレビュー版提供

UXデザイナーは素早く簡単にモバイルアプリとウェブサイトが構築可能、製品は2016年後半

米アドビは、モバイルアプリやウェブサイトのユーザーエクスペリエンス(UX)=ユーザー体験=デザインとプロトタイピング(実働モデル作成)のためのソリューション「Adobe Experience Design CC(Adobe XD)」のプレビュー(試用)版の提供を始めた、と3月15日発表した。UXのデザイナーは素早く簡単にモバイルアプリとウェブサイトが構築できるようになる。プレビュー版に寄せられる意見を反映させて機能を拡充し、2016年後半に製品版の提供を始める。

Adobe XDはデザインとプロトタイピングの機能を1つにしたデスクトップアプリ。動作が速く柔軟性が高い特長がある。ワイヤーフレーム(ウェブページの構成図)、デザインからプロトタイピングとプレビューまでを継ぎ目なくつなぐ業務の流れが可能で、繰り返し作業を高速化する。今回「Mac OS版」の提供を始めた。「Windows10」対応版も計画している。今後「iOS」「Android」向けモバイル連携アプリを予定し、アドビの他のツールとの連携も強化する。

アドビシステムズ
http://www.adobe.com/jp/

Adobe Experience Design CC(英語)
http://www.adobe.com/products/experience-design.html

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]