ネットイヤーグループ、坂本貴史氏ら開発のカスタマージャーニーマップ作成ツール「UX Recipe」ベータ登録開始

専門知識がないデザイナーや開発者でもカスタマージャーニーマップの作成が可能に
よろしければこちらもご覧ください

ネットマーケティング支援のネットイヤーグループは、UX(ユーザーエクスペリエンス)デザインにおける手法「カスタマージャーニーマップ」を簡単に作成するツール「UX Recipe」を開発し、ベータ版登録の受付を開始した、と6月15日発表した。カスタマージャーニーマップは消費者がサービスを利用する際の行動を図形を使って視覚的に記述する。UX Recipeは、同社UXデザイナー坂本貴史氏らが開発し、専門知識がないデザイナーや開発者でも生活シーンを主軸に置いたカスタマージャーニーマップを作ることができる。

UX Recipeは、デジタルマーケティングの企画立案時に、プロデューサーやディレクター、デザイナーが効率良くユーザー体験を計画できる。ユーザー体験に必要な構成要素を選び、つなげていくことでジャーニーマップが作成できる。自分で作り、編集することができるため、ジャーニーを「レシピ」と表現し、他人と共有することができる。

ネットイヤーグループ
http://www.netyear.net/

UX Recipe特設サイト
http://uxrecipeapp.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

GTA
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス