電子書籍の読書環境を一元管理する「オープン本棚」、インプレスR&Dと大日本印刷が開発

文書フォーマットやビューワが異なる電子書籍を1つの本棚で一元管理する
よろしければこちらもご覧ください

オープン本棚の画面イメージ

インプレスR&Dと大日本印刷は、電子書籍を一元管理する電子書籍用ソフトウェア「オープン本棚(仮称)」を共同開発した、と7月7日に発表した。

オープン本棚は、文書フォーマットやビューワの異なる複数の電子書籍販売サイトで購入した電子書籍を一元管理できるソフトウェア。通常、購入した電子書籍を整理・収納する本棚は、電子書店別に提供されているため、読者は複数の本棚を利用する必要がある。統合インターフェイスとして開発されたオープン本棚では、どの電子書店で購入した電子書籍であっても1つの本棚で一元管理でき、しおりやアンダーラインなど読者が指定した情報も統一して扱うことができるのが特徴。

オープン本棚のインターフェイスには、リアルな本の背表紙を採用し、実際の本棚のような外観イメージを持たせた。基本機能として、ジャンルや著者名で並び替えたり、背表紙をドラッグして並び替えたりできるほか、自由に仕切り板を追加・削除することもできる。また、「背表紙」を採用したことで、スマートフォンなどの画面サイズでも、多くの電子書籍を一覧できるという。

今回開発したオープン本棚は、Android OS用の試作版として9月公開を予定。ソフトはオープンな電子書籍流通の環境整備を目指し無償で提供される予定。今後はiOSやWindowsなどにも対応し、タブレット、PCやスマートフォンなど、どのような電子書籍端末でも、同じ操作で読書や本棚の整理をできるようにする。また、オープン本棚の仕様を広く公開し、無償で提供していくことで、国内外の電子出版関係者に同仕様への連携を呼びかけ、オープンな電子書籍流通の環境整備を目指す。


オープン本棚の概要

インプレスR&D
http://www.impressrd.jp/

大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]