SNSに興味失った利用者が日本は55%と世界最多、シノベイトの世界SNS意識調査

よろしければこちらもご覧ください

マーケティングリサーチのシノベイトは、世界17ヵ国、1万3000人を対象に行ったSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に関する意識調査結果を10月10日発表した。SNSの認知度はさほど高くなく、利用率トップも米国ではなかった。日本では、実社会よりネットの方が友人を作りやすい、とは考えず、半数以上がSNSに興味を失いつつある、という注目すべき結果となった。調査は今年6月、国によって電話、面接、オンラインで実施。日本はオンライン調査で行われた。日本以外の調査対象国は、ブラジル、ドイツ、ポーランド、ロシア、セルビア、スロバキア、南アフリカ、台湾(以上電話)、ブルガリア、インド、インドネシア、アラブ首長国連邦(以上面接)、カナダ、フランス、オランダ、米国(オンライン)。

SNSの認知度では、58%が知らない、と回答。知っていると答えた割合が最も高かったのはオランダの89%。次いで日本の71%、米国70%。SNS利用者は全調査対象者の26%で、利用率はオランダの49%、アラブ首長国連邦46%、カナダ44%と続き、米国と日本は40%だった。全SNS利用者の46%が、現実世界よりもネット上で友人を作る方が簡単だ、と回答。同意する率は、台湾(65%)、インド(64%)、米国(59%)が高かったものの、日本では逆に66%がそう思わない、と答えた。SNSへの興味を失って来ているか、との問いに対しては全SNS利用者の36%が同意。最も割合が高いのは日本の55%で、米国の45%より10ポイントも高かった。

日本でSNSへの興味を失っている率が最も高かったことに関してシノベイトでは、「日本では短期間のうちにSNSの人気が高まったため、一過性のものであったという点は否めない。ミクシィのブームが最高潮であった時、誰もが友人をミクシィへ招待した。SNSにそれほど興味がなかった人でもとりあえずミクシィに参加。当然、それは長くは続かない。また、ミクシィ上の友人は、実社会でもすでに友人であるケースが多く、利用者は、再び従来のコミュニケーションスタイルに戻ったということも考えられる」と分析している。

シノベイト
http://www.synovate.com/japan/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ヒット
Webサーバーにリクエストされたアクセスの数。HTMLファイルへのアクセスのほか ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]