ブレイナー、YouTubeなどの動画コンテンツ連動型広告配信サービスを開始

よろしければこちらもご覧ください

コンテンツマッチ広告サービスを展開する、ブレイナーは2月1日、コンテンツ連動型動画広告サービス「ブレイナービデオ」を2月中にも開始すると発表した。

「ブレイナービデオ」は、YouTubeをはじめとする動画サイトで公開されている動画ファイルを利用して、コンテンツ連動型広告が表示される動画ファイルを作成するサービス。同サービスの利用により、ユーザーはブログをはじめとするWebサイトに動画を紹介したい場合、コンテンツ連動型広告を挿入した動画を簡単に作成し、貼り付けることができる。

動画内に表示される広告は、自社で展開中のコンテンツマッチ広告サービスを採用し、動画を貼り付けたWebページの内容に適した広告が自動的に表示される仕組み。ユーザーには広告のクリック回数に応じた報酬が支払われる。

これまで、Webページの下部やサイドバーに設置されるケースが多かったコンテンツ連動型広告は、同サービスの利用により、動画を見る視聴者にもっとも見えやすい位置に広告が表示されるため、広告主にとってはこれまでのコンテンツ連動型広告よりもさらに高い広告効果が見込まれるという。

現時点で対応している動画は、YouTubeで公開されている動画が対象。今後、順次、他の国内外の動画サイトへの対応を予定している。

ブレイナー
http://www.brainer.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]