Marketing Native特選記事

現役女子大生のインスタ活用「金沢旅行に行ったときの話」「インスタを検索に使う理由」

現役女子大生が、「Instagram」の普段使いや実際の利用シーンについて実例付きで紹介

Marketing Nativeの記事制作を担当している、インターン生のIです。現在、都内の大学に通っています。
Instagramは写真をシェアするだけのSNS機能に留まらず、検索機能を活用すると、もっと多くの情報を収集・共有できるのをご存じでしょうか?例えば、友人と旅行をするとき、私はInstagramを使ってプランを立てています。
そこで今回は、現役女子大生のInstagram活用方法をはじめ、Instagramを検索に使う理由、実際に旅行プランを立てた手順について詳しくご紹介します。

※画像はイメージです。

検索はInstagramを活用!

Instagramは(1)ピープル(2)タグ(3)スポットと、3つの検索方法があります。今回は、私と周りの女子大生が行っているInstagram活用法の一部をお伝えします。

スポット名で検索

どんなときに使うの?

友達の誕生日のお祝いや、彼氏との記念日など、ここぞというときに失敗したくないのがお店選びです。せっかくネットで検索して予約したのに「掲載されているお店の雰囲気と違った」という経験はありませんか?Instagramであらかじめ検索しておくと、そうしたズレを未然に防ぎ、お店選びで失敗するリスクを回避できます。
公式HPに掲載されているプロが撮影した写真より、一般ユーザーが体験した投稿のほうが、信ぴょう性がありますよね。実際にお店に訪れた人が投稿した内容によっては、写真や動画、リアルな感想まで載っているので、口コミのような役割も果たしてくれます。

実際の使い方

検索窓の「スポット」から、行きたいお店の名前を入力します。すると、お店の地図とほかのユーザーの投稿が一覧で表示されます。

例:友人の誕生日に、テーブルアートで有名なお店を検討している場合

まず、「スポット」から検討しているお店の名前を検索します。同じ名前のお店が複数存在する場合もあるため、表示されている地図とお店の場所が大体合っているかをざっくり確認します。

▲今は「原宿Solomons(ソロモンズ)」というお店がInstagramで人気です。目の前でテーブルアートをしてくれる写真や動画、帰りに階段で撮っている写真の投稿が多いです。 ※画像は一部加工しています。

Instagramでは3431件の投稿があり、テーブルアートの写真はもちろん、テーブルアートが作られる過程を撮影した動画も確認することができます。
目の前でテーブルアートが作り上げられていく臨場感あふれる動画を見て、私は「これは盛り上がる!」と確信し、お店を予約しました。
ちなみに、食べログではお店から1枚しかテーブルアートの写真が投稿されておらず、一般ユーザーが投稿したテーブルアートの写真は100枚中11枚と、参考になる投稿は少なかったです。

▲一応食べログの投稿も見たのですが、写真は公式のものが多く、Instagramでの検索結果との違いを感じました。

旅行プラン名で検索

旅行をする際は、必ずInstagramに投稿されている現地の写真を確認します。宿泊を予定している旅館や、訪れたい場所について、公式サイトを見るだけで実際の雰囲気を想像するのは難しいからです。
さらに、最近は旅行代理店を利用しなくても、ネットで旅行を予約することが可能です。そうすると手元にパンフレットがないので、おすすめのスポットや人気のお店の情報は、自分で収集していくしかありません。また、地方のお店となると、コメント数が少なかったり、掲載されていなかったりと、ほとんど情報を得られない場合があります。
そんなときに活用したいのが、Instagramのハッシュタグ検索です。実際にその土地に訪れた旅行客の投稿や、住んでいる人たちが知っている情報を収集することができます。気になる投稿はスクリーンショットやブックマークで保存しておいて、後から友達同士でシェアして検討します。そうすると、簡単に自分の関心度の高い旅行プランを立てることができます。

実際の使い方

訪れる土地の地名や、「女子旅」、「グルメ旅」などを検索窓に入力します。投稿が表示されるだけでなく、関連ワードも表示されるため、今話題になっている旬のワードの情報を知ることができます。

例:京都に女友達と旅行に行く場合

まず、「#京都」や、「#京都女子旅」など、最も関心の高い投稿を見つけられるまで、いろいろなタグで検索します。「#京都女子旅」で検索した結果、人気投稿では「八坂庚申堂」を位置情報とした投稿が目立ちます。次に「#八坂庚申堂」で検索したところ、12万1916件(2018年5月31日時点)の投稿がヒットし、人気スポットであることがわかります。

▲「#八坂庚申堂」で検索した結果。※画像は一部加工しています。

この際、「スポット」から検索すると、八坂庚申堂の大体の場所が把握できます。投稿を見ていくうちに、八坂庚申堂の近くにあるレンタル着物屋や、人気のカフェに関する情報を収集することができました。さらに、京都のさまざまなスポットを紹介する@kyoto_iitokoさんのアカウントなども参考にしました。

友人の例

Instagramでの検索は、上記の場合以外でも日常的に使用しています。私の周りで行われているInstagram検索の例をご紹介します。

検索で理想の一枚を探す!

髪型やネイルなど、「こんな風になりたい!」というぼんやりとしたイメージはあっても、なかなかそれを口頭で伝えるのは難しいですよね。お店の方に画像を見せて、「こんな風にしてください」と、見せる方が多いのではないでしょうか。Instagramでは、その理想の一枚を簡単に見つかることができます。例えば、美容師やネイリストの方のアカウントには、ヘアスタイルやネイルの写真がたくさん投稿されています。
人気のアカウントから理想の一枚を見つけても良いですし、最初からハッシュタグで条件を絞って検索する方法もあります。最近ではDMから予約ができることもあるので、気に入った一枚の写真から、そのままお店を予約して行くことも可能です。

▲「#グレージュカラー」で検索した結果。ヘアカラーなら、カラー名で調べるのが主流です。

検索で確かめる!

化粧品や洋服など、欲しいものが決まっている場合にもInstagramの検索を使います。
化粧品の場合だと、気になる商品名をハッシュタグで検索します。すると、ユーザーが商品の購入に至るまでの悩みや、商品を使用したことでどのような変化があったかについて、口コミのような形でリアルな感想を見ることができます。
さらに、使用方法の動画が投稿されている場合もあり、化粧が完成するまでの過程を見ることができます。

▲「#レオスールデクラ」という商品名で検索した結果。どう化粧すればいいのか、過程を見られるところがメイク動画の一番いいところだと思います!

洋服の場合は、公式サイトや通販サイトに掲載されているような、モデルが着用している画像を見ても、自分が着ているイメージがあまり湧きません。そこで、そのブランドで働くスタッフの方のアカウントを探します。身長が記載されている場合であれば、自分と近いスタイルの写真を見ることで、実際に着ている姿をイメージしやすいですよね。ほかの洋服とのコーディネートも合わせて確認できるので、雑誌のような感覚でInstagramを活用しています。

Instagramを検索に使う理由

最近は評価・口コミサイトが多数存在する中、Instagramで検索するメリットはリアルな感想が得られるため、信用できるところだと思います。

あくまでも私の意見ですが、食べログなどの媒体は、主に店舗を訪れた一般ユーザーの評価や感想といった口コミを参照するサイトなので、「コメントの評価は高いけど写真は微妙…」ということがあります。その点、Instagramでは、「インスタジェニック」「写真映え」といわれる言葉があるように、写真が主役であるため、視覚的に興味をそそられることが多くあります。
また、食べログなどの媒体は多様な観点からお店が評価されていますが、Instagramは実際にお店に訪れた人のリアルな感想を見ることができます。Instagramはレビュー・口コミサイトの感覚で利用できます。

Instagram実用例~金沢旅行に行ったときの話~

では、実際にどのような場面で私たちはInstagramの検索機能を活用しているのでしょうか。ここで、私が同じ女子大の友人と9月に旅行した際、Instagramを活用した例をご紹介します。

当時、SNSで金沢旅行の投稿をよく目にしていたので、⑴「金沢で海鮮料理を食べる」⑵「浴衣を着てインスタ映えを意識した写真を撮る」という2つの目的で金沢に行くことを決定しました。この段階ではまだ、特に行きたい場所が決まっていなかったので、とりあえず友人とお互いに調べて情報を交換し、旅行プランを作成することにしました。

私は金沢について何も知らなかったので、まずInstagramで、「#金沢女子旅」「#金沢グルメ」「#金沢旅行」のタグ検索を行いました。その投稿の中に、「この時期の金沢は寒い」というコメントがあり、浴衣での観光プランを中止しました。さらに、関連タグから3つの情報を収集しました。

  1. 「#内灘海水浴場」:砂浜を運転することが可能なので、海辺を近くに見ながらドライブできる!
  2. 「#金箔ソフト」:金箔を一面に貼り付けたソフトクリームで、観光客の投稿数が多かったため要チェック。
  3. 「#近江町市場」:お目当ての海鮮料理!海鮮丼の投稿が多く、1日目のお昼ご飯に決定。

▲「#金箔ソフト」で検索した結果。※画像は一部加工しています。

このような流れで、どんどん関連タグに飛びながら情報を収集し、Instagramで旅行のプランを作成しました。ちなみに、このときに食べログなどを利用しなかったのは、知らない土地のお店を検索すると膨大な量の情報が提示されたり、掲載されていてもコメント数が少なかったりと、情報にばらつきがあると感じたからです。ある程度整理された情報が欲しいときに便利なのは、Instagramの検索機能かもしれません。タグ検索を使いこなせるようになると、人気スポットや、一つの投稿で複数のお店についての情報を得ることができます。

Instagram検索とGoogle検索でできること

旅行中にInstagram検索を利用したこと旅行中にGoogle検索を利用したこと
人気スポットである21世紀美術館に行くか検討するため、複数の投稿を確認した「#内灘海水浴場」でスポット検索が行えないため、Googleマップを利用した
近江町市場の海鮮丼の写真を複数確認し、どこが一番良いかを比較・検討した夜は温泉に行こう!となった際、どこの温泉が良いか比較・検討した

上記の表は、旅行中にInstagramとGoogleで検索した例です。Instagramで検索を行うと、写真が一覧で表示されるので、興味のあり・なしで簡単に判断できます。ただ、タグで場所名があっても地図は表示されないことや、「#金沢 #温泉」のような検索はできないため、そもそも店名を知らないと調べようがないことから、Google検索を利用する場面もいくつかありました。

検索はInstagramとGoogleを使い分け

基本的な情報は、やはりまだまだInstagramよりもGoogleを使用する場面が多いです。インスタスポットと呼ばれる場所はInstagramのアカウントを持っていないので、ユーザーの投稿から紐づけされている情報をたどって位置情報を得ることができません。よって、Instagramの検索機能で、すべての情報を得ようとするには限界があります。
しかし、Instagramの検索機能が役立つ場面は大いに存在します。旅行やお店選びにおいて、「あり・なし」を判断するための材料がそろっているほか、日常生活で買うかどうか悩んだときのためになる情報も豊富です。
Instagramの検索機能にはまだ限界がありますが、お店の予約機能や直接決済機能などが発達していくにつれて、さらに充実していくことが予想されます。

「Marketing Native」掲載のオリジナル版はこちら女子大生はInstagramをこう使う!「私のインスタ活用術」

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

最新のニュース

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AOSSL
「Always on SSL(常時SSL)」の略。 基本的にサイトは非HT ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]