Web担当者たるもの、かくあるべし 「Web担道」秘伝の書

閉鎖するだけでは終わらせない、使える予算の最低2割は投資を意識せよ

ページ

よろしければこちらもご覧ください

閉鎖するだけでは終わらせない、
使える予算の最低2割は投資を意識せよ

これまでの連載でも言ってきたが、「使える予算の2割は投資に回すべき」である。手塩にかけたWebサイトも数年で技術的には陳腐化してしまう。技術革新やプラットフォームの変化が速いインターネットにおいては、先進的なことに対して、コツコツと投資的なトライ、すなわち「チャレンジコスト」をかけるべきだ。

そして、予算は限られているので、ストイックにコスト削減を日々重ねながら、このチャレンジコストを捻出するのだ。

インターネット業界にはバズワードが多い。これまで「そんなバズワードに惑わされな」と述べてきたが、無視したり、毛嫌いしたりするだけでは意味がない。今であれば、ソーシャルメディアを使う、新しいタイプの広告手法を使ってみる、新しいデバイスに対応したコンテンツを作ってみるなどのチャレンジをして、その結果のパフォーマンスを知っておくのも重要だ。

こういうチャレンジによって、衰退期と思っていたWebサイトを再度成長させる可能性が生まれたり、次に立ち上げるWebサイトの取るべき戦略が発見できたりするのだ。

事例

ある大手メーカーが、主力サイトのなかでロイヤルカスタマーを囲い込むための会員向けコンテンツを運営していた。CRMシステムを組み込んだメールマガジンを発行しており、その会員は8万人。メールマガジンのコンテンツは、キャンペーンの告知や会員向けコンテンツの提供だった。

しかしメーカーだという立場もあって、会員だけに商品を売ることもままならず、加えて、さもすると情報漏えいなどで問題になりかねない個人情報を持ってしまったため、セキュリティの高いシステムの維持コストが上昇傾向にあり、8万人の会員を維持し続けるための投資対効果は非効率になっていた。

一方、新たな商品販促キャンペーン実施の際に、ソーシャルメディアを部分的に活用してみたところ、ロイヤルカスタマーとつながる端緒が見つかった。このメーカーは、主力サイト内にあった囲い込み用の会員向けコンテンツの閉鎖を検討し始めている。

「2割のチャレンジコスト」を会社に認めさせるには

本連載を読んでいただいている皆さまであれば、仕事にとどまらず、個人レベルでも新しい技術や手法の研究をされているのではないだろうか。今なら、FacebookやTwitterを個人で使ってみたり、スマートフォンやタブレットPCなどを自腹で購入し使っていたりする人も多いだろう。

しかし、ここで言う「2割のチャレンジコスト」とは、会社が負担(=投資)するように認めさせるべきものである。個人と会社の線引きを明確にすることによって、2割のチャレンジを有効に使う見極め力がつくし、残りの8割の予算も想定したROIに対してより適正に運用するようになるからだ。

予算編成時などに、こういう考え方を経営層に訴えることは重要だし、仮に期中であっても今ある予算を見直し、2割のチャレンジコストを生み出す努力をすべきである。

チャレンジコストを使って2年前からソーシャルメディアを使ってきたWeb担当者と、今年初めて使ってみるWeb担当者とでは、一概には言えないが、どちらが成長する確率が高いかは明らかだろう。

Webサイトは必ず衰退期を迎える

昨今、10年続くWebサイトはほとんどない。そして10年前に使っていたWebサービスが、今もまったく同じ形であり続けることはあり得ない。ポータルサイトも、何かに特化したWebサイトも、コーポレートサイトも、新しいチャレンジによって進化させながら、効果の低い部分を自ら計画して“陳腐化”させ、サイト全体を“新陳代謝”させていくことが重要なのだ。

立ち上げ期や成長期のサイトを運用しながら、衰退期のサイトを洗い出し、閉鎖する段取りを計画し、経営層に了解を取り付け、実際に閉鎖をする一連の業務は、ときに気分が滅入ることもあるだろう。しかし、サイトを常に効果的なものに更新していくためには、このプロセスが欠かせない。

Webサイトを向上させる前向きな仕事として取り組むために、今回の締めくくりとして次のメッセージをお伝えしたい。

狂気。それは、同じことを繰り返し行い、違う結果を予期すること。

アルベルト・アインシュタイン

【おさらい:Webビジネスの立ち上げ期から衰退期までの心得10か条】
  • 第1条 自分でやり切る覚悟を持て。
  • 第2条 ユーザーとしての感覚を研ぎ澄ませ。
  • 第3条 ターゲットに刺さるものを刺さる場所に送り込め。
  • 第4条 数ではなく、率で考えろ。
  • 第5条 CACAサイクルで進めろ。PDCAでは遅すぎる。
  • 第6条 経営者と同じものさしを持て。PL/BSを知れ。
  • 第7条 投資なくして成長なし。予算の2割を必ず投資に回せ。
  • 第8条 Webの資産価値を上げることに徹しろ。データドリブンな体質になれ。
  • 第9条 作業者になるな。外部を積極的に活用しろ。
  • 第10条 自ら計画し、Webサイトを常に“新陳代謝”せよ。

本連載では、「立ち上げ期」から「衰退期」まで、それぞれのフェーズでのWeb担当者の心構えを解説してきた。全記事の一覧を示しておくので、改めて読むことで、あなたの「プロのビジネスマンとしてのWeb担当者」の考え方を向上させていってほしい。

本連載の全バックナンバー
  1. 新規にWebサイトを立ち上げるときの心構えと準備 <サイト立ち上げ期 その1>
  2. ヒラのWeb担当でも経営者と共有できる“ものさし”をもつべし <サイト立ち上げ期 その2>
  3. 成長期のWeb事業をさらにドライブするにはPL/BSを活用する <成長期 その1>
  4. 「Webの資産価値」を上げる成長期の仕事と「ハブ・スポークモデル」のシステム <成長期 その2>
  5. “マッチョWeb担当者”になり、外部パートナーを活用せよ <成長期 その3>
  6. Web成長期に挑んだ担当者インタビュー: 劇団四季「ウェブプラン2010」とプロジェクトの“バイブル”
  7. 「ウチのWebサイト、もうダメかも」と思ったときに取るべき対策と心構え<安定期~衰退期>(この記事)

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ポストインプレッション
広告の効果に関する用語の1つ。広告を見たことでそのあとのユーザーの行動が変わる効 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]