お香の松栄堂がアプリ活用で顧客ロイヤリティUP、3年間で月間アクティブユーザー数約1.9倍 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2024年4月10日(水) 08:30
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「お香の松栄堂がアプリ活用で顧客ロイヤリティUP、3年間で月間アクティブユーザー数約1.9倍」 からご覧ください。

お香などの製造・販売を手がける松栄堂は、顧客のロイヤルティー強化、店舗とECそれぞれでの購買行動を可視化したデータ活用を目的に構築したアプリにより、3年間で月間アクティブユーザー数数が1.9倍に増加した。

ecbeing(イーシービーイング)のスマホアプリ構築サービス「OMOアプリ+」を導入し、店舗とECサイトで活用できる自社アプリを構築・活用。店頭でスタッフがアプリ登録を誘導しており、現在のアプリインストールは約3万7500回、月に最大約900人が会員として登録している。

月間アクティブユーザー数の推移は、2021年が4600人、2022年は7700人、2023年には8800人と増加、導入から3年で約1.9倍となった。

松栄堂における公式アプリの特徴は2点。1つ目が、店舗・ECにおける新商品やイベントの告知を確認することができること。季節に合わせたお薦めの香りを試せる「香りにであう会」、厳選した香木を聞香スタイルで聞くことができるミニサロン「ひととき」など、リアルで実施する催しへの案内・告知を行い、イベントへの集客を増やしている。

2つ目が、アプリ内での会員証表示。店頭での会計時に会員証を提示してもらうことで、購入金額ごとにポイントを付与している。たまったポイントはクーポンやプレゼントと交換することができ、クーポンはECでも使用できる。

お香などの製造・販売を手がける松栄堂は、顧客のロイヤルティー強化、店舗とECそれぞれでの購買行動を可視化したデータ活用を目的に構築したアプリにより、3年間で月間アクティブユーザー数数が1.9倍に増加

松栄堂は今後、アプリ会員のメリットをさらに高めるため、アプリを最大限に活用したサービスも検討している。

松栄堂が導入した「OMOアプリ+」は店舗とECをつなぐマーケティング特化のアプリ。店舗・ECの顧客情報を共通管理でき、適切な会員セグメントでマーケティング施策を行うことができる。会員証の表示やポイントの付与、PUSH通知機能などの機能を標準で用意しており、要望に合わせてカスタマイズにも対応する。

松栄堂が導入した「OMOアプリ+」 ecbeingのマイクロサービスとして提供「OMOアプリ+」の特徴

 

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:お香の松栄堂がアプリ活用で顧客ロイヤリティUP、3年間で月間アクティブユーザー数約1.9倍
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クラスタリング
複数のものをまとめてひとかたまりにすること。 複数のコンピュータを連動させ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]