東証プロマーケット市場に新規上場する単品リピート通販の「RAVIPA」とは | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2024年1月25日(木) 09:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「東証プロマーケット市場に新規上場する単品リピート通販の「RAVIPA」とは」 からご覧ください。

女性向けの育毛剤や美容液などの単品リピート通販事業を展開しているRAVIPA(ラヴィパ)は1月25日、東京証券取引所プロマーケット市場へ株式を上場する。1月11日に新規上場が承認された。

RAVIPAは2017年12月、代表取締役の新井亨氏がネット通販会社として設立。現在の資本金は990万円。通販事業を中心に通販事業者向けコールセンター事業、通販事業者向けコンサルティング事業、飲食事業を手がける。

  • 通販事業……女性用育毛剤「Hairmore」の企画販売、美容液「ASHADA」の企画販売
  • コールセンター事業……通販事業者向けコールセンター業務の受託
  • コンサルティング事業……サブスクD2Cの教育コンテンツ販売、通販事業の運営コンサルティング受託
  • 飲食事業……Cafe業態1店舗、ラーメン店1店舗、洋食レストラン2店舗

新井代表自身が設立したコールセンター業務のTelemarketing One、通販コンサルティングのサブスクD2C総研を2021年11月にRAVIPAが買収して子会社化。RAVIPA、Telemarketing One、サブスクD2C総研でグループを構成している。

2022年11月期連結業績は、売上高が10億3100万円、営業利益400万円、経常利益3900万円、当期損失1600万円。RAVIPAの個別業績は売上高が前期比3.9%増の9億1200万円、経常利益は同95.7%減の400万円、当期損失4100万円だった。

女性向けの育毛剤や美容液などの単品リピート通販事業を展開しているRAVIPA(ラヴィパ)は1月25日、東京証券取引所プロマーケット市場へ株式を上場直近3年の業績推移

セグメント業績は、通販事業が売上高7億5800万円、セグメント利益は1億5400万円。コールセンター事業は売上高が9000万円、セグメント利益は2000万円。コンサルティング事業の売上高は3800万円、セグメント利益は1000万円、飲食事業の売上高は1億4400万円、セグメント損失が6600万円となっている。

通販事業の主力商品は女性用育毛剤「Hairmore」と美容液「ASHADA」。メインターゲットは40~60代の女性で、自社ECサイトや大手ECモールに出店して販売している。累計顧客数は2023年5月末時点で約30万人で、このうちアクティブ会員数は約1万5000人。主力商品の女性用育毛剤「Hairmore」は連結売上高の約61%を占めている。

女性用育毛剤「Hairmore」と美容液「ASHADA」 女性向けの育毛剤や美容液などの単品リピート通販事業を展開しているRAVIPA(ラヴィパ)は1月25日、東京証券取引所プロマーケット市場へ株式を上場女性用育毛剤「Hairmore」と美容液「ASHADA」


 

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:東証プロマーケット市場に新規上場する単品リピート通販の「RAVIPA」とは
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]