オンワードのEC売上は約416億円で26%増、EC化率は23.9%に上昇【2020年2月期】 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2021年4月16日(金) 09:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「オンワードのEC売上は約416億円で26%増、EC化率は23.9%に上昇【2020年2月期】」 からご覧ください。

オンワードホールディングスの2021年2月期における連結EC売上高は、前期比26%増の415億8400万円だった。

連結売上高に占めるECの割合(EC化率)は23.9%で、同10.5ポイント増。オンワードメンバーズ会員は2021年2月末までに360万人へと拡大した。

オンワードグループはアパレルECサイト「ONWARD CROSSET(オンワードクローゼット)」のほか、食品の「オンワードマルシェ」などを展開している。

オンワード梶山の自社EC売上高は同35.4%増の264億6600万円、他社ECモールでの売上高は同4.7%減の18億9200万円。

国内EC対象事業会社を加えた自社EC売上高は、同31.1%増の357億2600万円、他社ECモールの売上高は同3.2%増の42億3800万円。連結合計は、内部取引相殺後の売上高となっている。

オンワードホールディングスの2021年2月期における連結EC売上高グループのEC売上について(画像はIR資料からキャプチャ)

オンワードHD全体の連結売上高は、同.8%減の1743億2300万円。連結営業損失は212億3000万円(前期は営業損失30億6100万円)。直営オンラインストア「オンワード・クローゼット」をはじめとしたECの販路シフトは進んでいるものの、新型コロナウイルス感染症の影響によってリアル販路の売上減などが響いた。

2022年2月期は連結EC売上高500億円をめざす。

 

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:オンワードのEC売上は約416億円で26%増、EC化率は23.9%に上昇【2020年2月期】
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

石居 岳
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]