<小川卓の「海外ウェブマーケティングニュース解説」> 第24号の配信 | リアルアクセス解析

リアルアクセス解析 - 2021年2月2日(火) 09:45
このページは、外部サイト リアルアクセス解析 の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「<小川卓の「海外ウェブマーケティングニュース解説」> 第24号の配信」 からご覧ください。

plain

メルマガを月2回配信中。

この記事では2月2日に配信されるメールマガジンのちょい出しとなります!

 

www.mag2.com

 

foomiiでも配信を始めました(値段は同じ)。

foomii.com

 

というわけで中身をちょいだし!

 

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
■【PickUPニュース】
CDPについてつらつらと
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
Top Customer Data Platform Trends for 2021

www.blastanalytics.com

今回取り上げるのは「Customer Data Platform(顧客データ基盤。以下「CDP」)」に関して。ここ数年CDPはホットなテーマでした。自社内にある様々なデータを1箇所にまとめて集計・分析出来る環境を作り、そこからに更に接客施策(ポップアップ・メール等)につなげて顧客体験を最適化する。

 

話を聞くだけだと素晴らしい取組に思えますが、なかなか実現するのは大変そうですよね。上記を実現するためには、どのようなプロセスが必要なのか。

 

弊社も上記のような案件に携わっているということもあり、自分の整理がてらまとめてみました。読者の皆さんにも参考になる部分あると思うので、共有いたしますね。

 


1)まず何のためにCDP環境を構築するのか決めます。
最上段のゴールは「データを活用して顧客体験(カスタマージャーニー)を最適化。その結果、自社の売上を伸ばす」という形になりますが、
これを自社の状況や製品、サービス種別(SaaS型・対面型)などによってより具体化していきます。

 

CDPがあくまでプラットフォームなので、それだけを作ってもビジネスには貢献しません。それを活用するための具体的な方策もここで整理をしておく必要があります。

 

例えば
「接客ツールとデータ連携してユーザーの閲覧行動にあわせて最適なコンテンツを表示する」
「サイトのFAQやサポート内容に応じて適切な資料の案内を自動で送る」
「ログイン頻度が減った人にアンケートや案内のメールを送りチャーン率(契約解除率)を下げる」
「ウェブサイトとメールの反応に基づいてスコアリングを行い、営業がコンタクトするべき優先順位を自動でつける」
といった具合です。

 

活用がイメージできないと予算も下りませんし、効果の予測や見立ても出来ません。

 

気をつけないといけないのは、システム有りきではなく目的有りきから始めることです。CDPや接客ツールを利用しなくても、オンライン・オフライン上でマーケティング活動はいくらでも出来ます。このような仕組みを構築しないといけない理由(大きな工数削減・精度アップ等)を明確にしましょう。


特に上層部の理解が無いと絶対に進まないので、ここに数ヶ月かけることもあるでしょう。まだ時期尚早ということであれば、データ基盤を作る前に、今のデータを活用して出来る改善活動を進めていきましょう。


そうすると、いろいろな不都合や不便が見えてくるかと思いますのでその時がCDP構築を検討するタイミングとなります。


2)さて進めることになったら、まず必要なのが自社が保持しているデータを把握します。代表的なものは以下の辺りでしょうか。

・自社データ
 顧客の商談に関する情報
 顧客の契約に関する情報
 顧客のサポートに関する情報

 

(中略)

 

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
■Q&Aコーナー
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
いただいた質問に回答をしていきます!
質問は以下から募集しておりますので、ぜひ気軽に質問をお寄せください

https://go.happyanalytics.co.jp/mmQA

 

今回の質問はこちら

Q:毎回他の日本のメディアではみられない情報が得られてありがたいです。
海外からの情報ともなるとそもそも膨大なメディアの数があるかと思うのですが、どれくらいの範囲をどのようなフィルタリングで選んでいるのか気になりました。

 

A:メールマガジン作成の手順をお伝えすることでお答えいたしますね!

情報収集はInoreaderというRSSリーダーを利用しています。

www.inoreader.com


国内外含め定期的に追っているのは80サイト(国外50サイト・国内30サイト)くらいです。更新頻度が高すぎるものは逆に登録していません。どんどん溜まってしまうので。

(後略)

==================

 

本メルマガは月2回配信しており、海外のウェブマーケティングに関するニュースを取り上げています。上記内容以外にも、ニュースヘッドライン(数行解説)やQAコーナーなども用意されています。

 

月額550円/月(税込み)で、初月は無料です。今月登録いただくと、今月の過去配信メルマガ(上記内容含む)も読むことができます!

 

www.mag2.com 

情報収集のお供によろしければぜひぜひ。

 

foomiiでも配信を始めました(値段は同じ)。

foomii.com

 

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]