ファッションECサイト「SHOPLIST」が郵便局での商品受取でポイント還元、日本郵便とタッグで再配達削減 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2020年3月24日(火) 13:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「ファッションECサイト「SHOPLIST」が郵便局での商品受取でポイント還元、日本郵便とタッグで再配達削減」 からご覧ください。

クルーズは3月19日、CROOZ SHOPLISTが運営するファッションECサイト「SHOPLIST.com by CROOZ」(SHOPLIST)で購入した商品を最寄りの郵便局で受け取ると、「SHOPLIST」内で利用できるポイントを還元するサービスを開始したと発表した。

日本郵便と連携して3月1日から実施している。物流業界における人手不足の課題に対し、再配達の課題に着目して実施することにした。

「SHOPLIST」での購入時に「郵便局で受け取る」を指定し、商品を郵便局で受け取ったユーザーへ、1回の配送利用ごとに50ポイントを還元する。ポイントは商品を出荷した翌月末ごろに還元。商品の出荷日はメールで連絡する。

対象期間は2020年3月1日~2021年2月28日の注文分で、2020年3月1日以降に郵便局で商品を受け取るユーザー。

次の場合はポイント付与対象外とする。

  • 不在再配達での郵便局受け取り
  • 「ゆうパック」以外の配送サービスでの配達
  • 注文時に配送方法を郵便局受け取りに指定したが、当初指定した郵便局以外の場所での受け取り
  • 注文確定後に配送方法を郵便局受け取りに変更
  • 購入をキャンセル

EC市場の拡大などによる宅配数の増加に伴い、ドライバー不足が物流業界の大きな課題となっている。課題解決につなげるべく、再配達の課題に着目し、今回のリリースに至った。クルーズグループは今後もパートナー企業と連携を強め、物流業界が抱える課題解決に積極的に取り組んでいく。

再配達率について国土交通省は2019年12月、2019年10月における宅配便の再配達率が15.2%だったと発表。都市部、都市近郊部、地方とも2018年12月に比べて再配達率は下回っており、再配達した個数は同1069個の減少だった。

2018年1月に国土交通省の総合物流施策推進会議がまとめた「総合物流施策推進プログラム」では、宅配便の再配達率を2020年度に13%程度まで削減する目標を設定している。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:ファッションECサイト「SHOPLIST」が郵便局での商品受取でポイント還元、日本郵便とタッグで再配達削減
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

石居 岳
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]