“老舗”通販のディノス・セシールがサイバーセキュリティ関連のFlattへ出資 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2019年7月12日(金) 10:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「“老舗”通販のディノス・セシールがサイバーセキュリティ関連のFlattへ出資」 からご覧ください。

カタログ通販大手のディノス・セシールは7月11日、サイバーセキュリティ関連サービスのFlattへ出資したと発表した。

Flattが実施した第三者割当増資の引受先はディノス・セシールのほか、サイバーエージェント、メルカリCTOの名村卓氏。2社と名村氏で約2億2000万円を出資した。

Flattは、企業などにサイバーセキュリティ関連のサービスを提供するスタートアップ企業。同社は情報セキュリティの知識や技術を競う国内最大のハッカー大会「SECCON2018」で日本勢として初めて優勝した「東京大学理論科学グループ(TSG)」やセキュリティ・IT大手企業出身のメンバーを中心に構成。世界水準の非常に高い情報セキュリティ技術を保有している。

ディノス・セシールは経営上の最重要課題の1つに「個人情報保護」を掲げており、さまざまなセキュリティ対策、情報セキュリティ事故発生時の有事対応など、自社事業を運営する上での継続的な取り組みを実施しているという。

出資は「自社領域にとどまらず、通販業界全体が抱えるセキュリティ上の課題解決、世界的レベルでのサイバーセキュリティの発展にも少なからず貢献できると考えている」(ディノス・セシール)と説明。「IoT」「5G」時代におけるサイバーセキュリティ市場の高い成長性、Flattの優秀な人材や高い技術力なども含めて資金調達に応じた。

ディノス・セシールは次のようにコメントしている。

当社は“老舗”通販企業でありながらも、当社事業とも将来的に連携の可能性があり、さらに社会課題解決につながるような“最先端”の事業領域に対し、今後も積極的な投資を検討してまいります。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:“老舗”通販のディノス・セシールがサイバーセキュリティ関連のFlattへ出資
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

瀧川 正実
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]