ウィジェット リンクについて覚えておいて頂きたいこと | Google ウェブマスター向け公式ブログ

このページは、外部サイト Google ウェブマスター向け公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「ウィジェット リンクについて覚えておいて頂きたいこと」 からご覧ください。

Google では、サイトの PageRank を操作することを目的としたリンクに対して、これまでも厳しい態度で臨んできました。本日は、そのようなリンクに関しての Google のポリシーを改めて確認したいと思います。特に、大量のキーワードを含むリンクや、隠しリンク、低品質のリンクが、ウィジェットに埋め込まれたまま様々なサイトへ配布されているケースについて確認します。

ウィジェットをうまく活用すると、ウェブサイトにおける体験をより価値あるものへと高め、ユーザーを引きつけることができます。しかし一部のウィジェットは、ウェブマスター自身が配置した覚えのないリンクを、アンカー テキストが編集できないような形で、勝手に配置することがあります。これらのリンクは自然に配置されたものではないため、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)の違反と見なされます。

以下に、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)を違反しているリンクを含んだウィジェットの例を紹介します。

Google のウェブスパム 対策チームでは、不自然なリンクに対して手動による対策を実施することがあります。手動による対策を行う場合は、Search Console を通じてサイト所有者にその旨通知しています。サイトを宣伝するためにウィジェット リンクを使用していて、サイトへの不自然なリンクに関する警告が届いた場合は、問題を解決して再審査をリクエストすることをおすすめします。

不自然なリンクの問題を解決するには、リンクから PageRank が転送されないようにします。そのためには、ウィジェット リンクに rel="nofollow" 属性を追加するか、リンクをウィジェットから完全に削除します。ウィジェット リンクを修正または削除し、サイトへの不自然なリンクの問題をすべて解決したら、そのことを Google に伝えるため、Search Console から再審査リクエストを送信してください。Google で審査を行い、リクエストが承認されたかどうかをお知らせします。

サイトでウィジェットを使用している場合は、それらに不自然なリンクが含まれていないかどうかも確認してください。不自然なリンクが見つかった場合は、rel="nofollow" 属性を追加するか、リンク自体をウィジェットから完全に削除します。

ウィジェット リンクについては、こちらの動画リンク プログラムに関するウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)で詳しく解説しています。ご不明な点はウェブマスター ヘルプ フォーラムで気軽に質問してください。経験豊かなウェブマスターたちが力になってくれるはずです。

Posted by Agnieszka Łata, Trust & Safety Search Team and Eric Kuan, Webmaster Relations Specialist
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Googleウェブマスターツール
同義語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]