ウェブマスター ツールを利用してリソースのブロックを解除しましょう | Google ウェブマスター向け公式ブログ

このページは、外部サイト Google ウェブマスター向け公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「ウェブマスター ツールを利用してリソースのブロックを解除しましょう」 からご覧ください。
ウェブページではデザイン性や機能性を高めるため、画像、CSS ファイル、JavaScript ファイルがよく使われます。このようなリソースがクロールからブロックされると、Googlebot では検索用にページをレンダリングする際にそのリソースを使用できません。そこで Google ウェブマスター ツールでは、ウェブマスターの皆様がこのような問題を特定して解決できるよう、ブロックされたリソースのレポートを導入しました。
このレポートには、サイト上のブロックされたリソース(JavaScript、CSS、画像など)の提供元ホスト名が表示されます。行をクリックすると、ブロックされたリソースの一覧と、そのリソースが埋め込まれているページが表示されます。そこから、ページ コンテンツのクロールとインデックス登録を可能にするために何が必要かを診断、解決する手順に進むことができます。

取得してレンダリングすると、これらのブロックされたリソースがどの程度問題であるかが表示されます。URL の取得とレンダリングをリクエストすると、Googlebot としてレンダリングされたスクリーンショットと一般ユーザーとしてレンダリングされたスクリーンショットの両方が表示されます。これにより、ページが Googlebot から異なって認識されることに大きく影響する問題を、より簡単に特定できるようになります。

ウェブマスター ツールでは、ウェブマスターが関与しうると思われるホストのみを表示するため、現時点では、さまざまなサイトで使用されているホスト(一般的な解析サービスなど)は表示されません。すべての robots.txt ファイルを更新するのは時間がかかるため、ブロックされたときに表示が大きく異なってしまうリソースから開始することをおすすめします。関連する手順について詳しくは、ウェブマスター ツールのヘルプセンター記事をご覧ください。

この新機能が、ウェブサイト上のブロックされたリソースを特定してブロック解除する際に、皆様のお役に立てば幸いです。ご不明な点がありましたら、お気軽にウェブマスター プロダクト フォーラムまでお寄せください。

Posted by John Mueller, Webmaster Trends Analyst, Google Switzerland
Original version: Official Google Webmaster Central Blog: Unblocking resources with Webmaster Tools
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]