【デジマチェーン解説】位置情報・ジオターゲティング広告とは?おすすめの媒体・プラットフォーム・活用事例を比較解説

「ジオターゲティングって何?」 「GPSなどの位置情報を使った広告についてよく聞くけど何がすごいの?」 「エリア広告の配信を支援してくれるプラットフォームは?」デジタルマーケティングを支援するデジマチェーンが、ジオターゲティング広告の仕組みやメリット・デメリット、市場動向を説明!おすすめの媒体・プラットフォーム19社も紹介しています。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

この記事の監修:広告代理店支援のデジマチェーン

デジマチェーンは日本初のネット広告支援プラットフォームを運営しています。

以下の方にネット広告を活用した収益化支援をサポートしております。

  • 広告主
  • 紙媒体を取り扱う広告代理店
  • 印刷会社
  • Web制作会社
  • SEO会社
  • 経営コンサルティング会社
  • フリーランスの方
社名デジマチェーン株式会社
URLデジマチェーン公式サイト
会社概要デジマチェーン会社情報

 

こんな悩みありませんか?

「ジオターゲティングって何?」
「GPSなどの位置情報を使った広告についてよく聞くけど何がすごいの?」
「エリア広告の配信を支援してくれるプラットフォームは?」

矢野経済研究所の2020年位置・地図情報関連市場に関する調査の概況によると、国内の位置・地図情報関連市場規模はますます拡大しています。

2017年度から2025年度までの年平均成長率は6.3%で、2025年の位置・地図情報関連市場規模は1,906億円に到達すると予測されています。

特にスマートフォンとWi-Fiの急速な普及により、位置情報を用いたジオターゲティング広告の可能性と重要性が増しています。

位置情報を利用して効率よくターゲットに広告を届けることで、地方の中小企業が大企業の全国的なサービスに対抗することも可能です。

デジタルマーケティングを支援するデジマチェーンが、ジオターゲティング広告の仕組みやメリット・デメリット、市場動向を説明します。

さらに、おすすめの媒体・プラットフォームを19社紹介しています。

>>>>全文記事はこちらをご覧ください<<<<

1.ジオターゲティング広告とは?

ジオターゲティング広告とは、スマートフォンから取得したGPSやBluetooth ,Wi-Fi等の位置情報データをもとにターゲットをセグメントして、Web広告を配信するサービスです。

「位置情報広告」とも言われ,行動履歴をもとに特定のエリアに訪れたことがあるターゲットに、ピンポイントで広告を打つことができます。

具体的には以下のようなターゲティングが可能です。

  • 過去1ヶ月以内でショッピングセンターに来店した人
  • 過去半年で2回以上住宅展示場に来場した人

新店舗や新商品の認知促進や、潜在層の掘り起こしに効果的な広告手法です。

ジオターゲティング広告の仕組みは?

位置情報の取得方法は、GPS(ジーピーエス)、Bluetooth(ブルートゥース)、Wi-Fi(ワイファイ)の3つに大別できます。

それぞれの方法について説明します。

GPS(ジーピーエス)

スマートフォンなどに搭載されているGPS(Global Positioning System)を活用して、位置情報を取得することができます。

GPSとは、地球の周りに打ち上げられた衛星を使って、現在位置を把握するシステムのことです。

衛星から飛ばされた電波をスマートフォンなどで受信することで、データを取得した時間や各衛星の緯度や経度などの情報からターゲットユーザーの位置を測定します。

1つの衛星だけでは、正確な位置を把握するのは困難で、複数の衛星から送信されたデータを使ってGPSの精度を高めています。

Bluetooth(ブルートゥース)

Bluetoothは、ビーコン(Bluetoothの信号を測位できるデバイス)を使って位置情報を取得することができます。

ビーコン端末を設置するだけで、接近したユーザーのスマートフォンアプリに対して、クーポンやセール情報などをプッシュ通知で発信することができます。

出力の調整により数センチ~数十メートルのエリアで配信できるため、より細かいターゲティングやユーザーの行動履歴を詳細に把握することも可能です。

小売店などでは、商品棚に設置することでどの売り場の滞在時間が長いかなどマーケティング分析を行えることもBluetoothの特徴です。

Wi-Fi(ワイファイ)

Wi-Fiは、Wi-Fiに接続することでスマートフォンの位置情報を取得することができます。

現在は、さまざまな場所にユーザーが無料で使用できるフリーWiFiが設置されています。

ユーザーがスマートフォンのWiFi設定をオンするだけで自動で接続され、誤差数メートルから数十メートルの精度で位置を推定することが可能です。

Bluetoothと同様に建物内であっても、問題なく利用できることが特徴と言えます。

WiFi接続したユーザーだけに配信するなどWiFiならではのジオターゲティング広告も存在します。

市場動向

ジオターゲティング広告の市場規模は、右肩上がりに成長することが予想されています。

下記の調査によると、2021年には1382億円、2024年には2586億円と3年ほどで約2倍の規模に到達する見込みです。

出典:サイバーエージェント O2O広告の市場規模調査

位置情報広告が急速に拡大する背景には、スマートフォンなどのデジタルデバイスの普及で膨大な量のデータを獲得でき、ターゲティングの精度が高まったことがあげられます。

実店舗を持つ小売店や飲食チェーン、不動産業界など幅広い業種でマーケティング手法として位置情報広告が活用されています。

2.ジオターゲティング広告のメリットとデメリットとは?

ジオターゲティング広告のメリットとデメリットは下記の通りです

メリット

  1.  高いコストパフォーマンス
  2.  他データと組み合わせてユーザーの趣味嗜好にあわせた広告配信が可能
  3. 広告を見た人の反応を計測できる
  4. 地域密着型の店頭集客に強い

デメリット

  1.  直接の申し込みや購入につながっているかわかりにくい
  2.  ターゲットを絞り込みすぎると配信されにくくなる

それぞれのメリット・デメリットについて説明します。

メリット1.高いコストパフォーマンス

位置情報を活用したウェブ広告は、限定エリア内のターゲットのみに広告配信が可能なので無駄なコストを抑えてくれます。

例えば、キャンペーン会場から半径1km以内で位置情報を検知したユーザーのみを広告の配信対象に設定可能です。

セグメントができる位置情報広告なら、商圏外のユーザーはターゲットから外せます。

広告の無駄打ちを防いでくれるため、コストを抑えることにつながります。

メリット2.他データと組み合わせてユーザーの趣味嗜好にあわせた広告配信が可能

位置情報データと他のユーザーデータを組み合わせることでユーザー像が鮮明に見えてきます。

例えば、「キャンプ好き」がターゲットの場合、いままでのウェブ広告ではサイトの閲覧履歴をもとにした行動ターゲティングしかできませんでした。

ですが、位置情報広告なら実際にキャンプ場に足を運んでいるユーザーにアプローチ可能です。

ユーザー属性や趣味嗜好にマッチする広告配信ができます。

メリット3.広告を見た人の反応を計測できる

取得した位置情報から、広告を配信したユーザーが実際に来店したか計測できます。

計測できる数値は「バナー広告をクリックして来店したユーザー」と「クリックせずに広告表示だけで来店したユーザー」です。

従来のネット広告では計測が難しかったKPI(評価指標)ですが、位置情報広告を活用すれば計測できます。

特に小売店など店舗ビジネスを展開する業種にとって、費用対効果の見える化に貢献する機能でしょう。

メリット4.地域密着型の店頭集客に強い

ジオターゲティングは、実店舗ビジネスと相性が良い広告手法です。

来店促進に効果を発揮する理由は、広告配信エリアを細かく設定できる点があげられます。

例えば、自店舗から「半径3km以内」などと詳細なエリア指定ができ、商圏内に存在するユーザーで来店確率の高いターゲットを絞り込むことが可能です。

デメリット1.直接の申し込みや購入につながっているかわかりにくい

ジオターゲティング広告は、どちらかというと認知を拡大するための広告手法で「潜在客の掘り起こし」を得意とします。

ユーザーの購入・支払い行動ではなく、所在地と連動しているからです。

商品の購入やサービス申し込みなど成約を最大の目的とするなら、期待できる効果とギャップが生じるかもしれません。

来店や資料請求などユーザーが成約に至る一歩手前のアクションをコンバージョンポイントとすると良いでしょう。

デメリット2.ターゲット属性を絞り込みすぎると配信されにくくなる

位置情報広告は、ユーザーを絞り込む項目を増やしてターゲットを絞り込みすぎると配信ボリュームが出ず、効果のある広告配信ができないケースが起こり得ます。

ユーザーの行動履歴をもとにエリアや趣味嗜好をセグメントできますが、実際の広告配信数にも気を配って広告を運用しましょう。

3.ジオターゲティング広告のおすすめ大手媒体3選

ジオターゲティング広告の大手おすすめ媒体は以下です。

  1. Google広告
  2. LINE Beacon
  3. Facebook広告

全媒体の比較一覧、および各媒体の詳細について説明します。

【比較一覧】ジオターゲティング広告のおすすめ大手媒体

 

媒体・プラットフォーム名・会社名一言紹介導入実績
Google広告
Google
Web広告を代表する国内最大級の配信プラットフォーム幅広い企業で導入
LINE Beacon
LINE株式会社
国内最大級のSNS利用者数を持つ配信プラットフォームユニクロなど、小売業を中心に幅広い企業
Facebook広告
Facebook
約2,600万人が利用する実名SNSに配信可能
  • メルセデス・ベンツ日本
  • ワールド・ファミリー

>>>>全文記事はこちらをご覧ください<<<<

6.ジオターゲティング広告の活用事例

以下はジオターゲティング広告の活用事例です。

  • 不動産会社(マンションデベロッパー)の場合
  • スポーツクラブの場合
  • オーラルケアメーカーの場合
  • 自動車ディーラーの場合

それぞれの事例について説明します。

自社で同様のジオターゲティング広告を活用できないか検討する際にお使いください。

>>>>全文記事はこちらをご覧ください<<<<

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
関連語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]