自動車業界の最新広告事情!デジマチェーンおすすめ代理店10選・BtoBに強い宣伝媒体6選比較解説

自動車業界を得意分野とする実績豊富な広告代理店10社を紹介、比較しやすい一覧付き!自動車関連のBtoBマーケティングに使える広告媒体・メディアも!さらに、今話題のCASEに注目して自動車業界の広告トレンドを解説します!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

この記事の監修:広告代理店支援のデジマチェーン

デジマチェーンは日本初のネット広告支援プラットフォームを運営しています。

以下の方にネット広告を活用した収益化支援をサポートしております。

  • 広告主
  • 紙媒体を取り扱う広告代理店
  • 印刷会社
  • Web制作会社
  • SEO会社
  • 経営コンサルティング会社
  • フリーランスの方
社名デジマチェーン株式会社
URLデジマチェーン公式サイト
会社概要デジマチェーン会社情報

 

自動車業界もパンデミックによる経済の冷え込みの影響を受け、2020年は新車販売台数が落ち込みました。

しかし、逆に物理的接触を避けられるマイカー需要によって現在は復調傾向にあります。

一般社団法人日本自動車販売協会連合会によると、2020年10月以降連続で普通乗用車新車販売台数が前年比を上回り、2021年5月には前年同月比122.8%と伸びています。

押し寄せている変革の波に加え、このようなパンデミックの影響もあり、自動車部品メーカーやカーディーラー・販売店など、自動車業界に携わる企業は大きな岐路に立たされています。

この時代を生き残り、さらにビジネスチャンスを広げていくためには、新たな広告戦略、集客チャンネルの開拓が必須です。

デジタルマーケティングを支援するデジマチェーンが、自動車業界での販路拡大に活用できるおすすめ広告代理店とBtoB広告媒体をまとめました。

さらに、今話題の「CASE(ケース)」に注目して、自動車業界の広告トレンドを解説します。

この記事を参考にして、自動車業界でビジネスを拡大する活路を見つけてください。

>>>>全文記事はこちらをご覧ください<<<<

1.自動車業界に強い広告代理店おすすめ10選

自動車業界に強い広告代理店は以下のとおりです。

各社のポイントを一覧表にわかりやすくまとめていますので、ぜひ広告代理店選びの参考にしてください。

  1. トヨタ・コニック・プロ株式会社
  2. 株式会社SPコンシェルジュ
  3. キザス株式会社
  4. 株式会社ラッシュ
  5. 株式会社チェイサー・ジャパン
  6. 有限会社アルヴァクリエーション
  7. 株式会社プランオン
  8. 株式会社リブ・コンサルティング
  9. NBCインターナショナル株式会社
  10. Kronos(クロノス)

全社の比較一覧、及び各社の解説を以下でご覧ください。

【比較一覧】自動車業界に強い広告代理店

社名一言説明主な顧客
トヨタ・コニック・プロ株式会社1946年設立の老舗でトヨタ・電通のグループ会社
  • トヨタ
  • トヨタ系部品メーカー
株式会社SPコンシェルジュ全国100社以上のディーラーと取引をおこなう実績豊富な広告代理店ディーラー・販売店
キザス株式会社自動車業界関連のプロダクトデザインから広告制作・Webデザインまで幅広く取り扱う
  • パーツメーカー
  • ディーラー・販売店
株式会社ラッシュ自動車のアフターパーツ関連の広告制作が得意
  • パーツ制作メーカー
  • パーツ販売店
株式会社チェイサー・ジャパン提携している50種類以上の自動車雑誌の中から好きな雑誌に広告を掲載してくれる
  • ディーラー・販売店
  • パーツメーカー
有限会社アルヴァクリエーション自動車・バイク業界をメインに幅広い広告媒体を取り扱うディーラー・販売店
株式会社プランオンカーディーラーに特化した広告のノウハウと最先端のWeb知識を活かして施策を提案してくれるディーラー・販売店
株式会社リブ・コンサルティングカーディーラー向けのマーケティング&セールスが得意ディーラー・販売店
NBCインターナショナル株式会社Google広告・Yahoo!広告などのリスティング広告が得意ディーラー・販売店
Kronos(クロノス)経営者自身も販売業をおこなっているため自動車業界への知識が豊富ディーラー・販売店

>>>>全文記事はこちらをご覧ください<<<<

3.自動車業界の広告トレンド

現在、自動車業界は100年に1度の大変革期を迎えていると言われ、その中心にあるのが「CASE(ケース)」です。

完成車メーカーはもちろん、部品メーカー、ディーラー各社が、CASE関連の新しい技術・商品・サービスに対してアンテナを広げています。

今の自動車業界で販路拡大を目指すなら、CASEは絶対押さえておきたいキーワードです。

CASEとは?

CASE(ケース)とは、自動車業界のあり方を大きく変えると言われている以下の4つの領域の頭文字を取ったワードです。

  • Connected/コネクテッド
  • Autonomous/自動運転
  • Shared & Services/シェアリング
  • Electric/電動化

それぞれの用語について説明します。

>>>>全文記事はこちらをご覧ください<<<<

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]