営業メールは蓄積されていく

営業メールにおいては前後の「つながり」が非常に重要です。今回はその「つながり」についてご紹介します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

思い付きで営業メールを送っていませんか。機械的にメールを送っていませんか。顧客に対してダイレクトメールを一斉に送るようにアプローチして、反応がなければ放置。そのような営業活動をしていると、いつかしっぺ返しを食うかもしれません。なぜなら、営業メールは蓄積されるからです。今回は、営業メールにおいて意識するべき「つながり」についてご紹介します!

1.営業メールが届いたら「誰か」を確認
2.思い出せないなら調べるのが一番
3.営業メールはつながりを意識する

詳細は以下からご確認いただけます。

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ASP
「ASP」には、「Application Service Provider」(ア ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]