ブログ初期は無人島にラーメン屋を出店するのと同じということを知っていますか?

ブログを始めたばかりの方へブログを拡散させる簡単な方法を紹介します
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

出典: でもやるんだよ!マーケティング・ラボ

ソース : ブログ初期は無人島にラーメン屋を出店するのと同じということを知っていますか?

 

よく、「いくら記事を書いても読まれない・・・自分にライティングのセンスがないからブログは向いてない・・・」という方が見えます。

しかし、僕はブログってライティングのスキルってあまり関係あるのかなと思うわけです。

ぶっちゃけた話? もしネタもライティングのスキルもなければ、

自分で勉強になった本とか記事をそのまま紹介するブログでも書けばいいじゃないですか?

そうすればライティングの能力が低いからって読まれないことはないですよね。

だって、言ってることは本やほかの記事をパクッテるわけなんで?

そして、ブログというのは出典参照を付けて被リンク張ってあげれば、

本当に一言一句丸パクリじゃなければ、そういう行為はダメなわけではないわけです。

前にマーケティング近視眼の話を書きましたけれども、

なぜテレビ会社はネットテレビ会社になれないのか?マーケティング近視眼に学ぶ持続的成長の秘密 - マーケティング近視眼 皆様は、マーケ [...] butido.dev

ブログというのは、

本当は読者に面白い情報を届けて楽しませるというミッションがあるはずなのに、

いつのまにか記事を書いて投稿するという近視眼的な発想になってしまうことはよくありますが、

それでは、全然ブログ運営が上手にならないですよね。

はっきりと言います、ブログはライティングが上手くても記事書いて投稿するだけでは人は来ません。

だから、逆に自分がライティングの能力がないとか悲しまなくていいし、

最初始めたばかりの頃のブログに、記事書いてるだけで人が来ないのも、

当たり前だと思って悲しまなくていいです。

殆ど人が住んでない田舎の村にラーメン屋さんを開いても、どれだけラーメンが上手くても人来ないでしょ。

それと同じです。

ぶっちゃけ自分が書いた記事が読まれるかどうかは、どれだけ大きな媒体でその記事が書かれてるかに寄るんで、

まずは、良い記事を書くよりも人の目を集める努力をするべきです。

勘違いしてほしくないのは、人の目を集めるっていうのは、

Twitterとかで誰彼構わず相互フォローしまくるのではダメ。

もし相互フォローするならば、ある程度、同じ属性を帯びている集団を狙ってやってください。

そして何よりも、今の時代はSNSに露出しまくるのは、とても良いアイディアで、

始めたばかりのブログが資金ゼロで目立つ最高の方法です。

さらっと例をあげるだけでも、

・Twitter

・インスタグラム

・ピンタレスト

・Facebook

・Quora

・note.com

・知恵袋

・はてなブログ

ひとつ記事を書いたら、ここら辺のプラットフォームにブログ更新内容を広めてください。

ハッシュタグとか付ければ露出率も高まるし、Twitterとかであればリツイートとかされれば最高ですよね。

Quoraや知恵袋みたいな質問サイトでは、その記事を使って答えられる質問を探したりしてください。

それで、自分が書いた記事を内部リンクさせて答えたりしてください。

はてなブログとかnoteとかには、もはや自分が書いた記事を寄稿する感じで全く同じ文章を再投稿していいです。

よく、重複コンテンツはSEOで良くないと言われますが、大丈夫です。

文字だけ同じかもしれませんが、内部のHTMLの構造とか、内部リンクに張られてる関連記事のリンクとか、

色々とHTMLで見たアルゴリズムでは重複コンテンツにならないと思います。

もし、よほど気になるのであれば、自分のブログ記事をno indexにして、はてなブログとかnoteで拡散する記事だけは、

最初から自分のブログのSEOへのインデックスは諦めましょう。

前にnoteで「初心者noteクリエイターが初めて収益を上げるまで。アフィリエイトで学んだマーケティングを活かしてみた結果… 」という記事を書きましたが、

 

初心者クリエイターでも比較的簡単にPVが多い記事の関連記事に乗ったりします。

つまり、多くの人の目に触れることが出来ます。

この事実が重要。

もう、ぶっちゃけマーケティングっていうのは、

同じような属性の人をどれだけ安く大量に集めるかという一点に尽きることがあるので、

貴方のブログを読んでくれそうな人に出来るだけ沢山会えるならば、

どんな方法を使ってもいいわけです。

もしブログに有料コンテンツあって売れるんだったら、

広告だって使いまくってブログに集客していいと思いますよ。

ブログに広告を付けて運用するのは、お金出して銀座の一等地に店を出すみたいなもんなので。

商品サービスが良ければ売れる。

勿論、ブログにマネタイズの仕組みまだ作ってない状態で人だけ集めても、

ファンになってくれてリピーターになってくれないなら意味ないんでやるべきじゃないですが。

はい、では今日のブログは以上になります。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]