【新規開拓】0リスクで集客できる!ダイレクトマーケティングは何故すごいのか?

ダイレクトマーケティングとは?初心者向けに解説しました、¥。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

突然ですが、皆様はダイレクトマーケティングという言葉をご存じでしょうか。

 

ダイレクトマーケティングとは、米国では100年以上の歴史がある伝統的なマーケティングの手法ですが、

 

日本では、あまり多くの人が話題にしません。

 

私が、初めてダイレクトマーケティングという言葉を知ったのは、

 

神田昌典さんの著書、あなたの会社が90日で儲かる!を読んだ時です。

 

神田昌典さんは、米国でのマーケティング手法であるダイレクトマーケティングを日本へ輸入にし、

 

全国区のマーケティング手法へと広めた偉大なマーケッターの方なのですが、

 

私はこの上記の本を読んで、いかに商売では「集客」が大事なのかを改めて学ぶことができました。

 

要は「人を集める」このの重要性です。

 

人を集めるとは、いかにも単純ですが、実はこれが一番難しい。

 

そして、彼の本というのは、そのような新規顧客を効率的に行う方法が盛りだくさんなのです。

 

ほぼリスクゼロでマーケティングを実践できるダイレクトマーケティングのすすめ

 

今日のコンテンツで具体的に書いていきたいことは、

 

神田昌典さんの著書、不変のマーケティングという著書に書いてあった文章にて、

 

彼が最初にビジネスを立ち上げたときに、

 

リスク0で非常に安いコストで新規開拓をしてきた文脈が書かれていますので、

 

是非とも読者の皆様に紹介したいと思っていまして、

 

重要な部分はここです。

 

ファクス の 内容 は、「 顧客 獲得 法 について の レポート を 希望 者 に 差し上げ ます」 という もの。 そして、 読了 後 に アンケート を 記入 し て もらう という パターン だ。 アンケート の 結果 の 中 には、 非常 に 好意的 な もの も あっ た。

 

この文章から読み取れることは二つ。

 

  • 顧客獲得のレポートを無料で贈呈する
  • その代わりにアンケートに答えてもらう

 

つまり彼は、ダイレクトメールを送るときには、実際には商品開発にはまだ着手してなかったというわけです。

 

つまり、 商品 が あっ て、 その 商品 の マーケティング を し た ん じゃ ない。 マーケティング を し て、 欲し がる 人 が いる こと を 確認 し てから、 商品 を 作っ た の だ。   これ は 今 でも、 私 が ダイレクト・マーケティング を 進める うえ で、 非常 に 重要 な 点 だ と 思っ て いる。   当時、 多く の 人 は〝 商品 志向〟 だっ た。 つまり、「 この 商品 は 売れる」 と 思っ て 仕入れる( もしくは 開発 する)。 そして、 自分 本位 に「 この 商品 で あれ ば、 この 価格 で 売れる はず だ」 と 価格 を 決定 する。 さらに は、「 この 商品 は この ターゲット に 売れる はず だ」 と、 その 商品 を 売っ て くれる 人 を 探そ う と し て いる( この 常識 が 間違い の もと だ)。

 

よくAmazonでも、まずはランディングページから作るというような話も聞きます。

 

商品の質同行の前に、しっかりとマーケティングが機能するのか試したいっていうことですよね。

 

① まず ファクス の DM を 1 枚 書い た。

② その 反応 が あっ た から レポート を 書い た。

③ そして、 レポート の 評判 が 良かっ た から、 セミナー を 開い た。

④ そして、 マニュアル を 作っ た。

⑤ その後、 誰 が どの くらいの 価格 で あれ ば、 購入 する のかを テスト し た。 テスト の 結果 に 基づい て、 価格 と ターゲット を 決定 し た。

 

このように、ダイレクトマーケティングというのは、自らマーケティングを機能するかを、

 

走りながら低コストで実現が可能というわけです。

 

米国では正式名称はダイレクト・レスポンス・マーケティングと言います

 

彼が日本で行っていたダイレクトマーケティングの手法は、

 

米国だとよくレスポンスマーケティングとも言われるんですよね。

 

つまり、まずは購入してもらわなくていいから、何かしらのレスポンスを欲しいということです。

 

このようなマーケティング手法は、情報商材だけではなく、化粧品やダイエットサプリなんかでもよく使われる手法です。

 

例えば?

 

  • 今だけ一本100円!サプリお試しキャンペーン
  • 無料サンプルをお使いください、弊社の最新の日焼け止めです

 

とか、こんな感じの触れ込みで、まずは超低価格で試してもらって、

 

それで好きになってもらってリピーターになってもらいたいというわけです。

 

もしくは、最近ではSNSではこういうレスポンスマーケティングもよく目にします。

 

 

これはインスタグラムのストーリーに流れてきた広告ですけども、

 

SEOガイドを無料でダウンロードさせるために、メアドを収集していくのでしょう。

 

それで、そのあとにメールで営業したり、電話で営業したりして、

 

SEOのコンサルとかへコンバージョンを狙っていく感じだと思います。

 

まとめ

 

以上です。

 

今日のコンテンツでは、ダイレクトマーケティングの魅力と、

 

そのやり方について簡単に触れていきました。

 

ダイレクトマーケティングをすると、例え商品がなくても、

 

どのくらい市場に自分の商品が受け入れられるかよく分かりますし、

 

無料とか、安い金額で、どのくらい興味のある人がいるのかもしらべられ、

 

おすすめの方法です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

【お知らせ】

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]