ウェビナーの内製化や社内スタジオ(自社スタジオ)の構築で失敗する企業の共通点

社内でウェビナー配信用の自社スタジオ構築を検討している企業様や、自社でウェビナー配信するための知見を高めたいご担当者様のための資料を公開。 知識・経験ゼロの状態から動画配信スタジオを構築してきた品川動画スタジオの経験を基に、社内スタジオの構築方法や自社でウェビナーを開催するために必要なステップを公開します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

こんにちは、ビジネス向けのウェビナーやライブ配信のサポートをしている品川動画スタジオです。

早速ですが、再び緊急事態宣言が発令されたことにより、社内スタジオ(自社スタジオ)の構築やウェビナーの内製化を検討している企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、、、

「機材を揃えればウェビナーを内製化できる」
「ITに詳しい人材がいるから大丈夫」
 
もし、このようにお考えなら、せっかく内製化に費用をかけても失敗してしまうかもしれません。 

内製化を進めるうえで、最もやってはいけない間違い

ですが、これらの間違いは最も大きな間違いに比べれば、大したことはありません。
その間違いとは、、、 
 
正しい方法を知らずに社内スタジオ(自社スタジオ)やウェビナーの内製化を進めてしまうことです。
 
間違った方法で内製化を進めてしまうと、揃えた機材や整備した空間を活用しきれず、大きなムダになってしまう可能性もあります。

事実、多額の費用をかけて社内スタジオを構築したにも関わらず、私たち品川動画スタジオにウェビナーの配信依頼をする企業様もいらっしゃいます。

内製化するための8つの項目

内製化を進め、自社開催のウェビナーを成功させるためには、大きく分けて8つの項目があります。その8項目がこちらです。

・配信機材

カメラやマイクのほか、配信用のPCと接続するケーブルが必要となります。始めから高価な機材は必要なく、手持ちの機材で問題ありませんが、PCの内臓カメラは避けておきましょう。

・環境整備

途中で配信が途切れてしまわないように安定したインターネット回線はもちろん、出演者が暗い印象にならないよう照明も準備しておくとベターです。

・人材

選任時に注意が必要なのは、ITに詳しい人材=ウェビナーに詳しい人材ではないということです。ウェビナーの目的から実施までの全体像が描けるスタッフを担当にする必要があります。

・企画設計

「目的」を明確にしたうえで、ウェビナーでやりたいことをリストアップ。その後に配信プラットフォームを決定する必要があります。選択肢をZoomの1択にすると、不要なトラブルにも繋がります。

※Zoomはとても便利ですが、ウェビナーにおけるメリット・デメリットがあると品川動画スタジオでは考えています

・準備

事前に本番環境でリハーサルをしておくなど、事前準備が成功の9割を占めます。想定外のトラブルを想定内にしておくために、事前リハーサルでトラブルの芽を潰して置く必要があります。

・運営

当日のトラブル対応や参加者フォローなど、すぐに対応できる体制も必要です。そのうえで配信担当は配信に専念できる環境を作っておくなど、フォロースタッフと分けておくことも重要です。

・参加者募集

募集用のHPの他、登録用のフォーム設置し、参加者を管理する必要があります。集客に置いては、SNSや広告、メルマガ告知のほか、告知サイトも有効です。

・配信後業務

アンケートや配信の結果を分析することで、次回のウェビナーでより大きな結果を生むことになります。仮説と分析、検証を1セットとして実施することが重要です。

毎回コストをかけてウェビナーを外注し続けますか?

ウェビナー配信を毎回プロに依頼することも1つの選択肢ではあります。しかし当然ながら「ウェビナーを開催するたびに相応のコストがかかる」というデメリットもあります。

ウェビナーのサポートを事業としている私達ではありますが、最終的には全ての企業がウェビナーを内製化するべきであると考えています。

 

その結果、不要なコストはかけず簡単な配信は自社で開催。参加人数も多いなど、プレッシャーのかかる内容や、難易度の高い配信はプロに依頼するなど、コストとリスクを加味しながら、ウェビナー開催の選択が出来るようになります

動画スタジオを内製化するためのお役立ち資料を公開

お役立ち資料では、知識・経験ゼロの状態から社内スタジオを構築してきた品川動画スタジオの経験を基に、社内スタジオを構築してウェビナーを内製化する方法を解説しています。

先程の8項目をより具体的に解説していくほか、以下の内容も解説していきます。

  • 動画スタジオ内製化に必要な条件や揃えるべき機材、ウェビナー成功のための手順と発生する業務を知ることができます。
  • 限られた社内リソースでウェビナーを成功させる秘訣を知ることができます。

このような方にオススメです

  • 社内スタジオ(自社スタジオ)の構築を検討している方
  • これから自社でのウェビナー開催を検討している方
  • 自社でウェビナーを開催したものの、うまくいかなかった方

お役立ち資料は無料です。今すぐご確認ください。

ーーーーー

無料「動画配信スタジオ内製化の設計図」ダウンロードはこちら

https://cs.kusunose-co.jp/p/r/IdEkecjw?_ebx=gt3g1465b2.1569754970.7elcgm...

ーーーーー

その他ウェビナーお役立ち資料はこちら

https://shinagawa-douga-studio.com/white_paper-download/?argument=WvH2Yr...

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ヒット
Webサーバーにリクエストされたアクセスの数。HTMLファイルへのアクセスのほか ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]