Google広告認定資格とは?傾向・難易度・おすすめの受験順番と勉強方法をご紹介

今回の記事では、Google 広告認定資格についてまとめました。Google 広告認定資格とはGoogle が公式に公開している広告に関する知識や理解力を確かめることができる認定資格のことを指します。代理店の方はパートナーバッジを取得できるといったメリットがあります。出題傾向や、難易度、おすすめの勉強法などあわせてご紹介していますので、これから受験される方はぜひ参考にしてみて下さい!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Google 広告には専門知識があることを証明できる認定資格があります。今回はこの Google 広告認定資格の基本的な概要と取得するメリット、さらに弊社新卒メンバーの勉強方法を紹介します。

まだ Google 広告認定資格を取得していない方は、特に勉強方法について参考にして、Google 広告認定資格を取得してみてはいかがでしょうか。

Google 広告認定資格とは

Google 広告の認定資格は、Google が公式に公開している広告に関する知識や理解力を確かめることができる認定資格です。科目は検索、ディスプレイ、ショッピング、動画、アプリ、測定の6種類あり、それぞれ合格することでその分野での知識保持を証明できます。

試験会場はなくオンライン上で24時間365日いつでも簡単に受験することが可能です。ただし受験できるのは1日1回のみとなっています。

また、資格の効力は取得から1年間となります。そのため既に取得していた方も、最後の取得日から1年以上経過している場合は再度受験し、合格することで資格を保持し続けることができます。

資格取得で利用できる言語は22ヶ国語あり、日本語以外の言語でも受験できます。

各科目の問題数・合格ライン・内容

Google 広告の認定資格は全部で6科目あります。全ての科目で4択から正しい答えを選択する回答方式が基本ですが、なかには回答をドラッグして正しい順番に入れ替える問題もあります。

資格名問題数合格ライン制限時間概要
検索広告5080%
(正答数:40)
75分入札方法やマッチタイプに関する問題などが出題
ディスプレイ広告4980%
(正答数:40)
75分ターゲティングやディスプレイネットワークのリーチ数等に関する問題などが出題
ショッピング広告4680%
(正答数:37)
75分EC サイトでの売上を増やすための方法に関する問題などが出題
動画広告5080%
(正答数:40)
75分YouTube 広告に関する問題などが出題
アプリ4970%(正答数:35)75分アプリキャンペーンの構成や計測に関する問題などが出題
測定5080%(正答数:40)75分トラッキングや計測ツールに関する問題などが出題

認定資格を取得するメリット

認定資格をもっていると以下のような点で有利になります。それぞれ詳しくご紹介いたします。

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]