WordPressの脆弱性について、できるだけわかりやすく解説

脆弱性に関するニュースも事欠かないWordPress、その脆弱性についてわかりやすく解説します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「脆弱性」ってなんですか?

ここ数ヶ月、WordPressの脆弱性(ぜいじゃくせい)についてお問い合わせやご相談をいただく機会が増えています。

昨年来、WordPressを狙った攻撃とその被害が発生していることで対策が迫られているものと思われます。

「WordPress 脆弱性」

で検索すると、IPA(情報処理推進機構)のこちらの記事がヒットします。

ところでこの「脆弱性」、なんとなくはわかるけど具体的にはイメージしにくい、という方も多いのではないでしょうか。

そこで「Webに詳しくないWebマスターのためのブログ」という原点に立ち返って(?)、WordPressの脆弱性についてできるだけわかりやすく解説します。

そもそも、脆弱であるとは?

そもそもWebサイトが「脆弱」であるとはどういう状態なのでしょうか。

わかりやすくするため、金庫を例に考えてみます。

イメージ:金庫

ダイヤルと電子ロックの二重のカギがついていて、壁も分厚い鋼鉄製でとても脆弱には見えません。

しかし泥棒の目から見ると、どこに脆弱性があるか、簡単に見破ることができます。
なぜなら設計図が公開されているから(=オープンソースだから)です。

イメージ:金庫の脆弱部分

鍵を解読したり鋼鉄を撃ち抜いたりすることなく、ヒンジ部分にちょっとした細工をすることで簡単にドアを外すことができました。

イメージ:金庫が開いてしまう

これが、「脆弱性」です。

 

▼続きは下記にてご覧いただけます。
WordPressの脆弱性について、できるだけわかりやすく解説(2/2)
https://getting-better.jp/wp-problems-180227/2/

本稿は、Webに詳しくないWebマスターのためのブログ“Getting Better”
https://getting-better.jp/
に掲載された記事です。
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VTR
同義語 の「ポストインプレッション」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]