リニューアルでWebサイトを良くする3つの鉄板アプローチ

リニューアルは決まった。担当になった。【Webサイトを良くする計画】とは?具体的手法をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Webサイトを「良くする」とは

Webサイトリニューアルの「きっかけ」にはいろいろありますが、せっかくリニューアルするからにはWebサイトを良くしたいと思っている方は多いはず。

でも、漫然と提案を依頼したり、リニューアルすること自体が目的化してしまうと、見た目はよくなるかもしれませんが、利用価値そのものは向上せず(=サイトは良くならない)、残念なリニューアルになってしまいかねません。

そこで本記事では、「Webサイトを良くする」ために行うリニューアルの鉄板アプローチを3つご紹介します。

1. 「問題」ではなく「原因」にアプローチ

「問題」そのものを解決すると、改善できたように見えるものです。しかし、「原因」が根絶されない限り、別の「問題」が持ち上がるだけです。デザインが古い、CMSが使いにくい、セキュリティ上の脆弱性があるなどの「問題」よりも、それを生み出している「原因」そのものにアプローチしないかぎり、本質的な解決にはなりません。

「問題と原因」のイメージ

たとえば、

  • サイト全体のリンク構造やナビゲーションが分かりにくくなっている
  • 特設サイトやランディングページが乱立し、統一感に欠けている
  • 営業的に役に立っている実感がない

などの「問題」が見えている場合があります。これらは、Webサイトを「印刷物的なもの」として、小分けのコンテンツの寄せ集めになってしまっていたことが「原因」として考えられます。

その場合の合併症として、

  • ページごとにバラバラな見た目になってる
  • 古いコンテンツが放置されている
  • 情報掲載に時間がかかり、タイムリーに発信できない
  • スマホ対応したらスクロールの嵐

といった「問題」や、

  • お問い合わせフォームの脆弱性対策がなされていない
  • URLを直に叩くと余計なファイルが見え、Basic認証などの保護もされていない
  • そもそも社名と関連性を予測できないホスト名になってる

などの致命的な「問題」が発生しているケースもあります。

せっかくのリニューアルなので、「問題」を生み出している「原因」を探し出し、二度と再燃しないよう、リニューアルプロジェクトを設計しましょう。

よく社内検討の段階で、上司や他部署を説得に苦労されている話を聞きますが、何が「原因」となっているかを炙り出すアプローチがキチンとできていると、すんなり合意がとれるものです。

こちらの記事(一目瞭然!上司も納得するWebサイトリニューアルの目的)に詳しく書いてありますが、なぜその予算が必要なのか、実行することにより本当に「問題」を解決できるのかを合理的に説明できないと、十分な予算の確保は難しいでしょう。

間違っても「問題」を埋め戻してお茶を濁さないように。

 

▼続きは下記にてご覧いただけます。
リニューアルでWebサイトを良くする3つの鉄板アプローチ(2/3)
https://getting-better.jp/how-to-get-better-180828/2/

本稿は、Webに詳しくないWebマスターのためのブログ“Getting Better”
https://getting-better.jp/
に掲載された記事です。
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]