類似言語のマレー語とインドネシア語~ナシゴレンはナシゴレン?~

似ているが故の問題もあるアジアの言葉。マレー語とインドネシア語を例にご紹介。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

アジアの言葉でお互い似ているものとして、マレー語とインドネシア語が挙げられます。
両者ともアルファベットでの表記であることだけでなく、マレー語とインドネシア語で、同じ言葉が使用されている場合もあります。

古くは同じ地域の言葉だったこともあり、方言としての違いが言語の違いとして分類されているようです。
文字の表記については、アラビア文字をベースにした、ジャウィ文字というものが使用されていたようですが、イギリスやオランダの影響を受けて以降は、アルファベット表記で現在に至っています。

 

Google翻訳で試してみると、インドネシア語の nasi goreng ナシゴレンは、マレー語でもnasi goreng でした。

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l005_202002.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]