【0から学べる!】口座振替とは?導入のメリットから導入方法までを完全解説

口座振替は事業者の代金回収の事務作業を効率化するだけではなく、消費者の利便性を高める効果も見込めます。今回は、事業者向けの口座振替の基礎知識や導入のメリット、利用方法を解説します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

introduction_kofuri_main_600x400.png

EC事業者であれば、決済手段として口座振替の導入を検討する方も多いのではないでしょうか。

口座振替は事業者の代金回収の事務作業を効率化するだけではなく、消費者の利便性を高める効果も見込めます。そのため口座振替の導入は消費者と事業者の両方にとって、大きな利点があるのです。

今回は、事業者向けの口座振替の基礎知識や導入のメリット、利用方法を解説します。

1.口座振替とは

口座振替を導入するために、ここでは基礎知識として、「口座振替の特徴」「口座振込との違い」「口座振替の利用手続き」の3つを紹介します。

1-1.口座振替の特徴

口座振替とは、消費者が保有している金融機関の口座から、商品・サービスなどへの支払い料金が自動的に引き落とされる仕組みです。申し込み後は、消費者の口座から自動で料金が引き落とされるため、消費者の支払いの手間を省ける点に大きな特徴があります。

事業者にとっては、支払い忘れや遅延といったリスクを回避でき、料金回収に関わる負担の大幅な軽減が可能となるのがポイントです。

主に毎月の料金が発生するサービスに使われることが多く、電気・水道・ガスといった公共料金や、税金や通信料、習い事などの月謝やサービスの会費、定期購入などといった幅広い分野に普及しています。

口座振替を利用する際には、書面やWebなどで事前に消費者が申し込みを済ませる必要があり、手続きが終わると翌月・翌々月から自動引き落としが開始されます。

→続きを読む

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

メタデータ
「データのデータ」。あるデータや情報の属性や特徴を表す付随的な情報を指す。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]