メルカリ子会社のメルロジが小型から中型商品の集荷梱包サービスをヤマト運輸と実証実験

東京都江東区と杉並区の一部で、手間がかかる商品の梱包から発送まで一律500円で代行

フリーマーケット(フリマ)アプリ「メルカリ」を運営するメルカリの100%子会社で、物流サービスの企画・開発・運営のメルロジは、メルカリで取引が成立した小型から中型商品の集荷梱包(こんぽう)サービスの実証実験をヤマト運輸と共同で始めた、と5月23日発表した。6月30日までの期間に東京都内の一部エリアで、出品者は自宅で待つだけで梱包・発送作業が完了する。実験結果を踏まえて展開地域の拡大を検討する。

対象エリアは、江東区亀戸と豊洲、杉並区高円寺南と高円寺北(一部対象外、杉並区内は6月1日開始)。大きさは3辺の合計が160cm以内か、3辺が縦40cm、横60cm、高さ60cm以内(160サイズ)。アプリで「らくらくメルカリ便」から「ヤマトの集荷サービスを利用して発送」を選択し、品名の冒頭に「集荷梱包」と入力。ドライバーが来たら代金500円を現金で払う。別途かかる集荷費用30円と送料は自動で売上金から引き落とされる。

集荷梱包サービスの利用方法

アンケート調査で、出品未経験者が「出品しない理由」は「梱包・発送作業が大変そうだから」が最も多かったため、2020年2月からヤマトホームコンビニエンスと共同で450サイズ(所定の3辺サイズ以内)の中型~大型商品の梱包・発送作業を代行する「梱包・発送たのメル便」を実施して好評だった。梱包代行ニーズの高まりを受けて、今度はヤマト運輸と連携して小型~中型商品を一律500円で梱包代行するサービスを実証実験する。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]