川崎フロンターレがサイン入りユニフォームに「転売抑止AIシステム」導入、画像で判定

エフィシエントが開発した精度97%のエンジンで特許出願、サイン入りグッズ転売を抑止

IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)を融合したソフトウェア開発のエフィシエント(EFFICIENT)は、サイン入りグッズを画像判定する「転売抑止AIエンジン」を独自に開発し、サッカーJ1の川崎フロンターレで5月23日から導入・運用を始めたと発表した。サイン入りユニフォームの画像から取り込んだサイン部分を識別・判定し、配布前に撮影して保存している元画像から97%の精度で自動判定して営利目的の転売を抑止する。

多くの画像を使ったディープラーニングでエンジンの精度を向上させた。ユニフォームの柄などサインが被るケースも識別可能で、斜めに撮影された画像にも対応する。川崎フロンターレは、転売仲介サイトやフリーマーケット(フリマ)サイトなどで転売されているサイン入りグッズを特定し、転売状況を把握したうえで今後の対策に役立てる。EFFICIENTと川崎フロンターレの共同で特許出願している。

今後はNFT(非代替性トークン)技術で、グッズの所有者を管理しながら価値を担保することを検討する。転売抑止AIエンジンをエンターテイメント領域にも活用して転売を抑止し、ファンが適正なプロセスと価格で手に入れられる社会を目指す。フリマサイトで流通するサイン入りグッズには偽物が混在してサインを識別する対処策が急務で、神奈川県のオープンイノベーション事業の「BAK PARTNERS CONNECT」の支援で実現した。

ディープラーニングによる解析イメージ
サイン入りユニフォームの画像から、サイン箇所の抜き出しと特徴量抽出を行う
用語集AI / IoT / NFT
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]