年末年始における訪日外国人、なぜ増加する?

よろしければこちらもご覧ください

2019年が幕開けして、早いものでもう3ヶ月に入りました。
3か月前を思い返して頂きたいのですが、平成最後のお正月を皆さんはいかがお過ごしでしたか?

今年は年末年始の休暇期間が長い方も多くゆっくりされた人も多かったのではないでしょうか?
実は、この年末年始は桜の季節(春)・欧米の夏休み期間(夏)・中国の大型連休(秋)とならび年間の訪日外国人が増加する時期でもあります。訪日外国人の年末年始休暇事情は、元旦はどの国でも基本的に休みですが、2日が仕事始めという国が多いようです。

欧米などは、年末年始よりクリスマス休暇が重視され、12月20日から長期休暇に入り、1月2日から働く人が多いためです。また、中国や韓国では西暦の正月より旧正月が重視され、1月末〜2月中旬の春節やソルラルの時期に長期休暇を取る人が多いようです。
 

ではなぜ、日本の年末年始に訪日外国人が増加するのでしょうか?

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l006_201903.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]