AIとIoTによりますます負荷がかかるWebサイトにどう対応するかというコラム

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

AIとIoTによりますますWebの高速化が必要になり、その為にどうするかというコラムをディーアイエスソリューションに掲載いただきました。

興味がある方はご覧ください。

###

本日の日経新聞にAIとIoTの普及に備え、IT人材の争奪戦が激化すると一面に大きく掲載されていました。

AIはインターネットの波に続く、大きなITの波であることはほぼ間違いないです。数年前から流通データ量は飛躍的に伸びる中、数年後、過去を振り返って「流通データ量は当時から飛躍的に伸びていたが、その伸びのボトルネックは人間だった」と発言しそうです。

発信元の主流は人間なので、この程度で収まっているということです。特に最近顕著にデータ流通量が伸びているのは監視カメラとも言われています。カメラが自動的に撮影して送信しているデータ量が増えているということなのですが、今後はIoTによるデータ流通量が増えます。そして、ほぼ同じ時期にRPAによるロボット処理による業務システムの迅速化になります。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2018/04/05/web%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e5%8d%83%e9%87%8c%e7%9c%bc%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0%e7%ac%ac12%e5%9b%9e%e3%80%8c%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]